風そよぐ、晴れた海

なぜだろう?



左メニューの『お気に入り』に↓を加えました。

  ⇒ サイクルロード ~自転車という道

自転車に限らず、あらゆる世の中の状況に、海外の状況や取り組みを紹介しながら、考察を加えてゆくサイトです。
特に変わった自転車の情報が多く掲載されており、興味をそそられます。


ここを見ている時、以前から感じていた疑問を、ふと思い出しました。

なぜ交差点の自転車横断帯は、歩道から歩道へと伸びているのだろう?

なぜ車道若しくは路側帯から横断歩道に沿い、また車道若しくは路側帯へという流れではないのだろう、と。

ソースは明確ではありませんが、自転車横断帯があるところでは、自転車はそこを渡らなければならない、と聞いた事があります。
もしかしたら、横断歩道を乗ったまま渡っては行けないよ、ということを示しているのかもしれませんが。

もしこれが、全ての状況で適応されるとしたら、例え車道を走っていても横断帯に入らなければいけないことになります。
そのためには、一度歩道に入らなければいけなません。

すると、左折する自動車からはどう見えるのでしょうか。

前後に左折する車がいると、普段は前の車の死角に入らず、後ろの車からも見える位置にいるようにし、必要があれば「俺は直進するから注意してね」という事を何らかの形で示します。

ところが、横断帯に入らなければならないとすると、一度車の視界から消え、交差点に来てからまた現われなければいけません。
自転車からすると、歩道に入るために減速し、段差で滑らないよう進入角を取るためにほんの少し孕み、歩道の安全を確認するという動作が発生しますし、横断帯に行ったら行ったで今度は左折の車のドライバーがこちらに気付いているか確認しなければなりません。

左折する自動車からすると、一度消えてほっとしたら、今度はそれが向こうから現われるという状況が発生します。

更に渡り終わった後はもっと悲惨です。
否が応にも歩道に誘導されるわけですから、また車道に出なければならない。

自転車も自動車も、お互いに意識の使い方がひとつの流れに沿わず、ストレスになってしまうような気がします。
そこに何かがいる、ということを意識した後、その後その状況が持続するのと、一度切れてからまた意識しなければならないのとでは、何か起きた時の反応速度も違ってくるのではないでしょうか。

また、左折する自動車が気付いてくれているかいないか確認できている状況で交差点に入るのと、そうではない中で交差点に近付くのでは、ストレスが違います。

もうひとつ、常々何とかならないもんかな、と思っていることがあります。
多摩湖自転車道の車止めも交差点や信号の直前にあります。
みな車止めをよけて進もうとするため、道いっぱいに広がります。
対向の自転車も、その集団を避けようとするため、交差する道の状況の確認する余裕はありません。
車止めは降りて進む事になってますが、降りても広がった人をよけなければならないことは変わりありません。


どうにも理に合わないような気がします。
どうにも設備の敷き方に、「意識させる」という気持ちが強すぎるように思います。
そうではなく、「意識できる」、「自然に意識する」ようなやり方って、ないものかな、と。
もちろん、幼少の頃からの安全教育も含めて。

ともかく。

もう少し、余裕を持って安全確認できる方法はないのでしょうか。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2009-04-17 00:16 | ゆったりのんびりツーリング


自転車をカッコよくカスタマイズ。そしてときどきポタリング。ある日突然シクロツーリストになったりも。


by FucaNeus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

カテゴリ

最新の記事

フォロー中のブログ

外部リンク

以前の記事

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧