風そよぐ、晴れた海

サイコンをライトで照らす-サイコンを「夜でも見える」仕様に

※ こちらはマウンテン編です。ロード編はこちら

e0066210_23164216.jpg
ツール・ド・内房の前の話になるが、このように、夜間でもサイコンが読めるようにした。

僕が使用しているサイコンは、キャットアイの『CC-MC100W』。
ワイヤレスで、バックライトを内蔵している。


■キャットアイCAT EYE サイクルコンピューター ワイヤレスCC-MC100W


しかしこのバックライト、非常に暗い上に3秒しか点灯しない。しかも、点灯ボタンが裏にあり、ボタン自体も小さく「クニャ」という感触で操作しにくい。

一日中遊びまわり、帰りが夜間になることもある。
ライトは以前紹介した「OLIGHT(オーライト) T25 Regula」と「GENSTON・閃(ジェントス・セン)」があるから良いものの、サイコンが読めないのは不便だ。
特に夜の多摩サイのような、街頭の無い道だとまるで読めない。

そこで写真のように、ポジションライトの「HL-EL135」でサイコンを照らし、常時視認できるようにした。


■キャットアイ(CAT EYE) HL-EL135 シルバー



使ったバーツは、サイクルデザインのアークスパンというマウント。



■【cycledesign(サイクルデザイン)】 アークスパン



これを、↓のように取り付ける。

e0066210_2342752.jpg
見栄えはあまり良くないが、こうすることで、いつでも瞬時に確認できるようになった。

もちろん、ライトはサイコンを照らすだけでなく、ポジションライトとしても使えている。

また、サイコンをステムやハンドルバーに取り付けていると、確認する時かなり視線を落さねばならず、無精な僕にはどうにも確認しにくいと感じていた。
しかしアークスパンで遠くに移すことにより、ほとんど頭を下げずに見えるようになり、確認が楽になると言うおまけも付いた。

まぁ、完全に自己満足の世界だが、そそられた方は、是非。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2009-08-22 20:54 | 自転車ライト関係


自転車をカッコよくカスタマイズ。そしてときどきポタリング。ある日突然シクロツーリストになったりも。


by FucaNeus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

カテゴリ

最新の記事

フォロー中のブログ

外部リンク

以前の記事

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧