風そよぐ、晴れた海

安心のペダルレンチ

今のBIANCHI VIGORELLI(ビアンキ・ビゴレッリ)のペダルは、フロンティアにつけていたSPDペダル、「PD-A520」がついている。
これは、購入時、ショップに持ち込んで取り付けてもらった。


■SHIMANO シマノ SPDペダル PD-A520


しかしだいぶ傷が多く、また1組のペダルを2台で取り替えながら使うのも手間なため、新たに同じペダルを購入、新品のほうをビゴレッリに、今ビゴレッリについている古いものをフロンティアに戻そうとした。

ところが。

ビゴレッリの古いペダルを外そうとしても、締め付けトルクが高すぎ、硬くてなかなか外れない。
携帯用ペダルレンチはもちろんのこと、工具セットの大き目のペダルレンチでも完全にお手上げだ。
ここまで硬いペダルは、これまで経験が無い。
フロンティアは購入後1年近くペダルを弄らなかった。
それでも、かなり硬かったのは事実だが、手持ちの工具セットのペダルレンチ(サイクルベースあさひの工具セット)で外せた。
なのに、こいつは購入1ヶ月経っていないのに、外れない。

整備スタンドは、ミノウラの後輪ハブ軸に嵌めるタイプ。
格闘している最中これが外れ、その勢いでシフトアウターを引っ掛け裂けるトラブルまで発生。
ペダルレンチも嘗めまくりで、丸まってきてしまっている。
これは無理と一旦作業を諦め、新たにもっと強いトルクをかけられるペダルレンチを用意することにした。


e0066210_2252028.jpg

用意したのは、HOZAN(ホーザン)のペダルレンチ、C-200。
見るからに強そうなレンチである。
長さも重量もあり、安定してトルクをかけられそうだ。

e0066210_22533827.jpg


e0066210_22535047.jpg

あご部は両端に厚型(上)・薄型(下)の2形状あり、SPDペダルは薄型形状の方を使う。

e0066210_22571166.jpg

ストレート形状だが、このようにフレームに干渉しないように折り曲げ加工が施されている。

気合を入れてこのC-200で再チャレンジしたところ、なんと3分掛からず実にアッサリと外れた。
数時間格闘しても外れなかったペダルが、である。
今までの苦労とシフトアウターの犠牲は、一体なんだったというのだ?

なお、パッケージに締め・緩めの回転方向が左右共に載っているので、間違えることは無い。


■HOZAN ホーザン ペダルレンチ C-200


さて、今度は取り付け。
ワタシは輪行でペダルを外す。その時使うのは、小さなペダルレンチ。
そうすると、このペダルレンチで締め上げたのでは、いざ輪行で外れなくなってしまう。
なので、取り付けはこれまでと同じペダルレンチで行った。
これでも充分、ペダル指定のトルクで締めることが出来るし、緩むこともない。
シフトアウターも交換、ついでに前後ディレイラーとブレーキの調整も済ませ、作業終了。

ペダルは、BBと共に結構固着で苦しむ部分。
弱めのレンチで頑張るより、強いレンチを1本用意しておくと、いざという時にスムーズに作業が進むだろう。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2010-03-07 23:15 | ペダル・ペダルレンチ


自転車をカッコよくカスタマイズ。そしてときどきポタリング。ある日突然シクロツーリストになったりも。


by FucaNeus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

カテゴリ

最新の記事

フォロー中のブログ

外部リンク

以前の記事

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧