風そよぐ、晴れた海

自転車旅

e0066210_218791.jpg
5月、まだ雪の残る野尻坂峠・東京~直江津挑戦最後の峠(miko撮影)



5月はじめから時間ができ、GWはじめの墨田~直江津・日本海挑戦を皮切りに、数度の自転車旅に出かけている。
100~160km程度の日帰りのロングライから、1~5泊の「行き先は気分次第」の旅まで。



e0066210_2218629.jpg
東名高速富士川SAとも繋がる、富士市道の駅 富士川楽座の桜海老かき揚げ丼。

e0066210_22182421.jpg
駿河湾岸、光を全身に浴びて走るa-rou.さんと私(miko撮影)



日帰りは、小田原から箱根旧街道を抜け、富士川まで。
富士川ではこの時期旬の桜海老を味わう。



e0066210_22243439.jpg
国道299号線沿いの脇道。高麗周辺

e0066210_22245080.jpg
埼玉林道 平坂飛付線。何がある訳でもないが、農村のような光景に出会える。



白石峠をはじめとする奥武蔵グリーンラインや、ふらりと迷い込んだ埼玉林道 平坂飛付線、ぶんぶく茶釜で有名な館林の茂林寺。
荒川をひた走り、吉見町でイチゴ狩り。



e0066210_19365978.jpg
上州みなかみ・真田氏名胡桃(なぐるみ)城跡より望むみなかみの光景

e0066210_2325517.jpg
信州 杖突峠下の茅野の眺め

e0066210_2344810.jpg
兵越峠を越え、兵越林道を信州・遠山郷へと下る。



泊を重ねる旅では、東京から上州沼田、その後大道峠、鳥居峠を越え上田へ。
その後小諸、碓氷峠を下り東京へと帰る、休養日を含めた3泊4日の旅。

遠州磐田より152号線、兵越林道と繋ぎ、兵越峠を越遠山郷へ。そこから下条村で一泊。
その後駒ヶ根で光善寺参りをし(二泊目)、高遠、茅野、小淵沢(三泊目四泊目)、更に清里、野辺山を越て小諸浅間山麓へ(五泊目)。
最後に雨の碓氷峠を下り、横川から輪行で帰る。



e0066210_113697.jpg
自転車旅時の装備



泊を重ねる旅となると、装備も厚くなる。
ユースの利用を前提にしていたので寝巻き(薄手のロンTとハーフパンツ)風呂用手拭とバスタオル代わりの「サラッとドライ フェイスタオルタイプ」(薄いマイクロバータオルで、通常のタオルと同じ長さ。吸水性と速乾性が高く軽量で充分バスタオルとして使える)、髭剃り、歯ブラシは必須だ。
洗濯はできるので、替えの衣類はいらない。
それとサプリや補給食。もちろん工具も。



e0066210_1271419.jpg


e0066210_1272884.jpg




夜間の峠道走行も有り得るので、ライトはオーライトT25を3灯、サイコンライト代わりにLED1灯のライトも。
荷物を積むので、タイヤはクッション性と対パンク性能を重視し25Cに。
特に2回目は全行程で獲得標高が8000mを超える。
なるべく重ならないようにしたが、それでも自転車とドリンクを含め12kg~13kgにはなっただろうか。
フロントの重量が増えたため、ハンドルはしゃくり、少し上体を立てた楽な姿勢になるようにポジションを調整する。
なに、峠は行けるところまで行って、ダメなら押せばいい。
誰かと競っているわけじゃない。それくらいの気持ちのじゃなければ、楽しくない。



e0066210_23172987.jpg
信州上田・山並みに流れ込む雲

e0066210_19462669.jpg
上州嬬恋村・霧深く小雨降りしきる鳥居峠(1362m)への上り。写真は約1200m地点。雨雲の中を進む。



普通に考えれば、雨の多いこの時期は自転車旅にもっとも向かない。
事実、5月終盤から泊りがけの旅に出ると、必ず1日は雨に祟られ霧に悩まされた。

特に信州上田、真田町へと向かう鳥居峠の下り凄まじかった。
峠に辿りつく前に日が暮れてしまい、それに加え雨、霧、気温6度という低温、さらには対向車による路面の照り返しに前も見えず、寒さに震え、恐ろしい思いも味わった。



e0066210_23182100.jpg
152号線・遠州佐久間の光景



e0066210_23313436.jpg
上州松井田・霧に霞む碓氷峠の下り



しかし、だからこそ景色もある。
霧に包まれた高原では、希に通り過ぎてゆく車の明かりが、白いもやの中に掻き消されるように消えて行く。それはまるで、他の世界と隔絶され、自分だけが異次元の世界佇んでいるような感覚になる。
峠の光景はあまりに幻想的で、まるで水墨画の世界だ。
思わず立ち止まり、しばしその場に身を置いていたい心持になる。



e0066210_0244595.jpg
清里・眼前を泳ぐ雲。橋の先に見える上りは、緩く見えるが標識によると9%。2段階に分け約1.8km続いている。



清里に向かう道では、雲がまるで湯煙のように目の前、そして眼下を流れて行く。
自分の力で、仙人の世界に来てしまった。
そんな光景が広がっている。


もちろん、雨や霧の走行、増してや峠越えなどお勧めはしない。
まず自転車やバッグはデロデロになる。
僕は泥除けのないロードにバッグを着けていたので、それは凄まじくデロデロになる。

雨具のせいで上りは蒸れるし、下りは寒くブレーキはまるで効かない。
効かないにもかかわらず、ブレーキシューはまるでグラインダーで削っているかのように減り、カスがキャリパーにこんもり溜まる。
もちろんリムも真っ黒。
夜ともなれば、対向車の明かりによる路面の照り返しやサングラスに付いた水滴による光の乱反射で、視界はゼロに等しい。
この時期はまだ体も冷えるにもかかわらず、自販機に温かい飲み物はほとんど無いと来ている。


だが、そんな時に出会う、峠の茶屋の一杯の暖かいお茶や、温かいもてなしには、心の底から感謝の念が湧いてくる。
普段はほとんど考えないが、人に支えられている事を実感できる。


幾つかの日帰りロングライドや日本海挑戦は彼女とふたり、若しくは自転車仲間と一緒だったが、
他は全てひとり旅だ。


ひとり旅だと、とにかく人恋しくなる。
悪条件が続けば、心細くもなる。
誰彼構わず話したくなるし、何より善意がありがたい。


ひとり旅は、自分の中の普段閉じているチャンネルが開く。
彼女はそう言う。
確かにその通りで、自分でも普段閉じているチャンネルが開くのを感じた。
そして、次に自分がどこに向かうのか、少し、分かったような気がする。


次回から、5月~これまでに走った道のりを、少しずつ紹介しようと思っています。




にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2011-06-20 00:51 | ツーリングイベント&自転車旅


自転車をカッコよくカスタマイズ。そしてときどきポタリング。ある日突然シクロツーリストになったりも。


by FucaNeus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

カテゴリ

最新の記事

フォロー中のブログ

外部リンク

以前の記事

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧