風そよぐ、晴れた海

日本海へ 第3章 合流。

4時半頃、彼女が自転車を抱え店に入ってくきた。
輪行のあとはずっと、輪行袋に入れたまま持ち歩いていたらしい。



e0066210_095332.jpg



朝食を済ませると、早速パンク補修に取り掛かる。
チューブを引っ張り出すと、案の定リム打ちパンク。
聞くところによると、大き目の石を踏んだらしい。
この20Cのタイヤはサイドが柔らかいため、空気圧を高めにしても結構簡単にリムを打ってしまう。
チューブを交換しタイヤをはめ、空気を入れて完了。所要時間は10分弱。


時計を見ると、5時50分。
さ、ここからふたりの日本海がスタートだ。



e0066210_0103620.jpg



熊谷から本庄までは、特に見るべきものもない。
沿道は、ただ廃墟となったカラオケ店やパチンコ屋など、まるで「廃墟街道」とでも言うべき様相を呈している。道幅は広くないし舗装も割れているが、交通量が少ないのでさほど苦にならない。


e0066210_0105955.jpg



7時過ぎ、神流川を渡り、群馬県に入る。僕らにとって初の群馬県。
そこから高崎駅近く、烏川沿いの聖石橋まで17号で。
この先で18号に入るが、分岐点がややこしそうなので、聖石橋を渡り烏川右岸を走る。



e0066210_0111557.jpg


e0066210_0113956.jpg


e0066210_0115540.jpg



しばらく走ると、木造の橋が目に入った。
橋脚は鉄筋、橋は木造だ。
よし、あそこを渡ろう。


ゴトゴトと音を立てながら、二人して渡る。
木の感触は当たりが柔らかく、心地よい。
向こうからお父さんと娘さんだろうか、クロスバイクに乗った3人連れが渡ってくる。
皆、ニコニコだ。



e0066210_0122124.jpg


e0066210_0123562.jpg



橋を渡ると、サイクルロードが現れる。
右手には国道18号。
左手には碓氷川。
しかし、心地よいサイクルロードはすぐに終わり、国道18号・安中バイパスと合流し、碓氷川を渡る。


安中市街を越えると、次第にアップダウンがきつくなり、しかも直線的な道で交通量も多い割に路側帯も狭いため、辛いペースが続く。

-----------------------------------------------------
『日本海へ』の全記事
  ⇒ カテゴリ 日本海へ
-----------------------------------------------------


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2011-07-08 00:12 | 日本海へ


自転車をカッコよくカスタマイズ。そしてときどきポタリング。ある日突然シクロツーリストになったりも。


by FucaNeus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

カテゴリ

最新の記事

フォロー中のブログ

外部リンク

以前の記事

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧