風そよぐ、晴れた海

真夏のライド。いつも冷たいドリンクが飲むために その2

前回紹介したハイドレーションについて。

 ※前回記事 → 真夏のライド。いつも冷たいドリンクが飲むために その1

e0066210_19511446.jpg

我が家では嫁と私で異なるメーカーのものを使っています。


左が私の使っている「deuter(ドイター)のストリーマー 2.0L」、右が嫁の使っている「CAMELBAK(キャメルバック)ハイドレーション 1.5L」です。


モンベルのヒップバッグは、右のキャメルバックのハイドレーション1.5L対応なので、ヒップバッグ側のハイドレーション対応ポケットに無理なく収まります。


ドイターは対応ではない分、ポケットにスムーズに収まらないなどの小さな不都合はありますが、バッグ自体には特別な工夫を施すことなく収まりますので、問題なく使用できます。
ただし、ハイドレーションは、バッグ内で横向きに収めると水の出が悪くなります。なので、容量の2/3程度を限界点とし、バッグ内に縦に収めるようにしなければなりません。


余談ですが私がドイターのしかも2.0L(1.5L仕様も存在する)な理由は、購入時たまたま特価だったから^^;
当時2つ購入し、嫁も初めはドイターを使っていましたが、後に述べる経年劣化によりキャメルバックに交換しました。


では、それぞれの特徴を見ていきましょう。
全て、左が「ドイター ストリーマー」、右が「キャメルバック ハイドレーション」です。


e0066210_19594198.jpg

ドイターの空け口はスライド式留め具。これは少々コツが要ります。
本体側のガイドが折れ曲がったり壊れたことはありませんが、強引にスライドさせるとその不安は拭えません。
また、洗浄後から次の使用までに、留め具を無くしてしまうことがあります。
これは、スライド式を採用している他のハイドレーションもにも共通している懸念材料です。
もちろん、留め具とパックは分離しないよう、ひもなどで結んでおくとその危惧は消えます。


対し、キャメルバックは大型のキャップ式。
1/4回転させるだけで開け閉めが可能です。しかも、外したキャップは本体側と連結されており、紛失の心配もありません。
口の大きさもキャメルバックの方が大きく、しかも斜め上向きのため、水や氷を投入し易く出来ています。


e0066210_2013462.jpg

本体とチューブの接続部です。
チューブを洗浄する際外す必要があるため、この部分の着脱のし易さと確実性は大事です。

ドイターは特別な機構はありません。チューブを本体の受けに差し込むだけの単純な構造機構です。
キャメルバックは、チューブの末端にプラ製の接続パーツが付いており、本体受けの黄色のボタンを押すとチューブが外れ、差し込むときは「カチッ」とはまります。
抜き差しのし易さは圧倒的にキャメルバック。

但し、ホースの洗浄のし易さは、どちらもそれほど変わらないかと思います。
ホース洗浄には、下のような専用ブラシが便利です。



尚、先に述べた経年劣化は、この部分で発生しました。
本体側の接続口のどこかがはがれ、水漏れが発生したのです。
もちろん、ビニール製品を5年近く使用したらこのようなことは何時起きてもおかしくない。
僕の方はまだ使えますし、ドイターだから、キャメルバックだから、というトラブルではないと思います。


e0066210_20255625.jpg

飲み口の形状です。
両方とも、この飲み口を噛むと水が出ます。


ドイターはまるで赤ん坊のおしゃぶりのような形状。これを咥えていると、いつも嫁が笑いますw
先端を反時計回りに180度回すと水を吸い出せ、逆回転させると供給は止まります。
キャメルバックは、黄色のレバーを回すことで、ON・OFFが可能です。


この辺りのON・OFF機構は、どちらが特別良い、ということはありません。


e0066210_2036176.jpg

飲み口は、キャメルバックの方が柔らかく開きも大きいため、圧倒的に吸い出しやすいと言えます。
ドイターはゴムが堅く、単に吸い出す状態になりますが、キャメルバックは口が柔らかく、しっかり機能します。
しかも、放出量がドイターよりも多く、腕・足のクーリング時は非常に便利です。


どうもキャメルバックの提灯記事のようになってしまいましたが、最後に二つ。
最も大事な耐久性と価格について。


ドイターは、嫁の方は5年弱の使用で水漏れが起きました。しかし、僕の方はまだ使用できます。
嫁は日本縦断旅でも携帯し、かなりハードに使用したので、寿命が来るのも早かったのかもしれません。
キャメルバックの耐久性は、まだ使い始めて数週間なのでわかりません。
本体はキャメルバッグの方が柔らかく、その分耐久性に少々不安が残ります。
ドイターの本体はかなり厚みがあり固め、尖った氷でも全く不安はありません。


価格は、同じ容量であればドイターの方が若干安い。
はじめからドイターを使用していれば上に挙げたような不都合は感じません。
また、僕らは使用していませんが、ドイターからは下のような専用保温カバーも発売されています。



3.0L用なので、バックパック派には使えるでしょう。
(3.0Lを背負うのか、というツッコミは置いといてw)


※前回記事 → 真夏のライド。いつも冷たいドリンクが飲むために その1


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2014-08-08 21:19 | 自転車バッグ・ドリンク・旅装備


自転車をカッコよくカスタマイズ。そしてときどきポタリング。ある日突然シクロツーリストになったりも。


by FucaNeus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

カテゴリ

最新の記事

フォロー中のブログ

外部リンク

以前の記事

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧