風そよぐ、晴れた海

カテゴリ:未分類( 10 )

再開

お久しぶりです。

久々に、ブログを再開します。

もしかしたらここはここで残しますが、新たなコンセプトのブログを開設するかもしれません。

その場合、もちろんそちらも自転車ブログですが、サイクリングよりも自転車いじりに特化したブログになります。

その際は告知を載せますので、お楽しみに^^

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

ポタリングタグ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2014-08-07 14:53 | Comments(0)

Made in Andalucía



e0066210_1504426.jpg
西荻の路地裏にて
Canon Power Shot S3 IS



昨年の末、いつだったか、西荻あたりを散歩していると、かわいらしい人形を塀の上に並べているお宅があった。

あまり日本っぽくなく、どこの人形だろうと手にとって裏を見ると、「Made in Andalucía」とある。
アンダルシアとは、スペイン南部の地域。フラメンコと闘牛のふるさとだ。
F1のテストにも使われるヘレスサーキットも、この地域にある。

ちょっとした散歩の途中、こんな素敵な小物たちに出会い、しばし海の向こうに思いを馳せたりする時、少し幸せな気分になったりする。



e0066210_205445.jpg
西荻の路地裏にて
Canon Power Shot S3 IS




e0066210_212773.jpg
西荻の路地裏にて
Canon Power Shot S3 IS

[PR]
by kaze_soyogu | 2007-02-25 02:01 | Comments(2)

ちょっとした幸せ




e0066210_21121042.jpg
22006年12月10日 吉祥寺
OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ


彼女の住むアパートの庭には、梅の木が5本植わっている。
夏になると陽の光を遮るほどに茂み、秋にはひと風ごとに葉を落とし、冬も深くなり始めた頃になると、ちいさなつぼみが顔を見せ始める。
春先には可愛らしい花を満開に咲かせ、甘い香りが部屋の中まで満ちてくる。

梅雨の頃、実が少しづつ膨らみはじめると、彼女は毎日実のなり具合をチェックし始める。たわわに実り、ひと粒、またひとつぶと落ち始めた頃、彼女はにこにこ満面の笑みでその実をいただき、こう言いながら梅酒を漬ける。


「おいしい梅酒ができるといいね^^」


東京の片隅に広がる、ほんの小さな四季の移ろい。
そしてそこにある、ほんのちいさなしあわせ。




e0066210_21145655.jpg
22006年12月10日 吉祥寺
OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ




e0066210_21391557.jpg
22006年12月10日 吉祥寺
OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ




e0066210_2215252.jpg
22006年12月10日 武蔵野八幡宮
OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ




e0066210_2224431.jpg
22006年12月10日 武蔵野八幡宮
OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ




e0066210_2231323.jpg
22006年12月10日 武蔵野八幡宮
OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ




e0066210_2234180.jpg
22006年12月10日 武蔵野八幡宮
OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ




e0066210_2243964.jpg
22006年12月10日 吉祥寺 ゆりあぺむぺる 『ホットモカジャバ』
FUJIFILM FinePix F11




e0066210_2251831.jpg
22006年12月10日 吉祥寺 ゆりあぺむぺる
FUJIFILM FinePix F11




e0066210_2241154.jpg
22006年12月10日 丸井前
OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ

[PR]
by kaze_soyogu | 2006-12-10 22:08 | Comments(0)

誕生祝-その他




e0066210_23535283.jpg
2006年11月26日 誕生祝
FUJIFILM FinePix F11




e0066210_2352931.jpg
2006年11月26日 誕生祝
FUJIFILM FinePix F11




e0066210_2353045.jpg
2006年11月26日 かまくら形アロマポット
FUJIFILM FinePix F11




e0066210_23563139.jpg
2006年11月26日 誕生祝
FUJIFILM FinePix F11




e0066210_2357222.jpg
2006年11月26日 誕生祝
OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ





e0066210_2359361.jpg
2006年11月26日 誕生祝
OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ

[PR]
by kaze_soyogu | 2006-11-28 20:30 | Comments(4)

お久しぶりです

e0066210_19344516.jpg
2006年8月17日 霧の御岳山
Canon Power Shot S3 IS




お久しぶりです。ゆっけです。


7月のSOL秋葉原ライブから、全く更新していなかった当ブログ。
別に何処にも行っていなかったわけではなく、
むしろこれまで以上に様々なところへ行き、記録を残して来ました。

ただ、少しばかり精神風邪っぴき状態になりまして、
更新するのが辛い状態でございまして。

みこちゃんや、みこちゃんの友人の方々、そしてSOLの皆さんのお陰様で、
現在はほとんど回復、むしろ以前より良い状態になり、
更新意欲がこれまでないほどに沸き上がっています。

これからは、少し形を変え、これまでのように長々としたオチのないコメントを省いた形で
拙い写真だけを載せていこうと思っています。

これまで通り、あまりステキな写真はございませんし、
行く場所も近場のマニアックなところばかりですが、
このブログの写真をご覧になって、
「こんなところに行きたいなー」とか、
「近いうちあそこに行ってみようなー」なんて、
ぼんやり思っていただけたら幸いです。



e0066210_19182850.jpg
2006年8月12日 木更津の蓮
Canon Power Shot S3 IS

[PR]
by kaze_soyogu | 2006-09-18 19:02 | Comments(4)

そんなヒロシに騙されて

友達から電話が掛かってきた時、騙しリンクに騙されて突然エロ動画が再生されたりしてパニクった。びっくりびっくり。

それはそうと、面接日が決まってから、ずっと緊張状態が続いている。そのせいか、履歴書がなかなか完成しない。
職歴書は遠の昔にできている。履歴書なんてすぐに書けると思っていたが、これが上手く行かない。転職理由、志望動機。ここまではOK。肝心の自己PRが書けない。職歴書の自己PRは出来ているのに。
それを元に上手くまとめようとしているがまとまめきれない。困ったものだ。
[PR]
by kaze_soyogu | 2006-03-19 04:09 | Comments(2)

どこか遠くへ

e0066210_1571519.jpg


行きたいなぁ。

転職先が決まったら、少し遠出でもしてみようか。
[PR]
by kaze_soyogu | 2006-03-17 00:05 | Comments(2)

夢がある。

その夢を実現する為の第一歩として、転職活動を始めた。会社を辞めること口頭で伝え、もう社長にも承諾され、求人を出す手続きも始まっている。後には引けない。

本来なら転職先を決めてから退職を告げるのが順序だろうが、余りに勉強時間、活動時間が取れず、已む無く退職を告げる方を先に回した。あまり良い手ではないかも知れないが。
上司に伝えた時、はじめは驚かれ、引止めの言葉もいただいたが、正直に退職理由を伝えたところ最後は快く承諾していただけた。

今日数社分のWeb応募を終え、職歴書を作成し終えた。価値があるかどうかは分からないが、打ち出してみると書くべきことは結構あるもので、それなりの体裁をとることもできた。

あとは履歴書の残り半分を書くだけ。これで連絡が来ればいつでも動ける。あくまで連絡が来れば、だが。


つか、退職願書いてないじゃん。
[PR]
by kaze_soyogu | 2006-03-13 00:23 | Comments(5)

よいお年を!


e0066210_11583520.jpg

ここ数日SOLのたくまさんに影響され、ギターを弄ってます。

サドルを0.5mmほど削り、弦をMartinの.011~.052からGibsonの.011~.050に交換。エクストラライト(.010~.047程度)だとぺちょんぺちょんと情けない音しか鳴らず、ライト(.012~.054程度)だとちと握力がきつい。なので使うのはいつもその間のゲージ。
これまではずっとマーチンを使っていて、今回もはじめマーチンを張ったが突如気が変わりギブソンに張り替えてみた。
この2つ、大分キャラが違うようで、ギブソンの方が5,6弦が細いせいかシャリシャリ感の強い派手な音が出る。これまで弾いていたようなしっとり感の濃い曲では違和感があるが、今練習している曲や覚えようとしているものにはピッタリだ。
ついでにピックも変えてみた。これまではドロップ型の1mm、先端がかなり尖ったものだった。それをドロップ1mmには変わりないが、先端に若干丸みのあるものにした。それでもドロップ型の中では尖り気味のものだが。
握りの関係かもしれないが、ストロークも丸みのある方が弾き易い。オルタネイト(ド下手ですが)は尖っている方が弾きやすく感じる。音はかなり違う。まぁこの辺りは弾く曲によっても変わってくるだろうし、慣れもあるだろう。何も今「これ!」と決める事も無いと思う。これからも色々試してみよう。

今えーすけさんからいただいたaveさんのMDを聴いている。これがなかなか良い。バラードも「失笑」や「そんな毎日」「好きということ」なんて背中がゾワッとする。自分はどっちかと言うとアップテンポの方が好き(涙が出てしまうのがなんだか恥ずかしいのでそういうことにしてる)だが、バラードを聴いているとaveファンのえーすけさんがSOLにはまったのもよく分かる。aveさんの曲には秋の情景が見える。

全く話は違うが、以前ワタシの谷山浩子好きを知った女の子の友人が遊佐未森さんのCDを貸してくれたことがあった。谷山さんの音楽性に似てるからと言う事だったが、ワタシは「うむむ・・・」。どの辺りが似ているのかが分からない。遊佐さんの曲でいいな、と思う曲はある。でも谷山さんの音楽性とはかなり違うように思えたし、自分の好みとも少し離れているようにも思える。見える情景もまるで違うし、楽器の使い方からして違う。どの音、どのパートを何の楽器でどう表現するか、まずこれがまるで違う。ロストロポーヴィッチとヨーヨー・マ(共にチェロ)程に違う。ところが、ザバダック(こちらもあまり合わなかった)や遊佐さんや谷山さんが同系で扱われている状況も結構目にするし、共通するファンも結構いらっしゃるようだ。

その時はっきり自覚したのだが、ワタシはジャンルや「~系」を意識して聴くことはほとんど無いと言う事。Mr.BIGも聴けば中国琵琶も聴く。箏座も聴けばフォークも聴く。クラシックの指揮者、カルロス・クライバーやアーサー・フィードラーも好き。クラシック好きかと思えばドビュッシーのほとんどはあまり好きではないし、ホルストの「惑星」もあまりピンと来ない。クライバーとフィードラーの音楽性だって対極にある。
昭和歌謡の「港が見える丘」や「星影の小径」をちあきなおみさんがカバーしたものや、「蘇州夜曲」やこれまた「星影の小径」のAnn Sallyのカバーも良い。
サザンやLOVE PSYCHEDELICOも好き。The White StripesもSTEPPENWOLFの「born to be wild」も大好きだ。

要は、好きなものは好き。好きになるのにジャンルなんて関係ない。だから同系と言われるものでもあまり合わないということもままある。逆に全く違う系統、これが好きならこれは苦手だろうというものでも好きになったりもする。そもそも、括りを決めて「俺はこう」とか「これはこう」と決めてしまうのは少々勿体無いような気がするし、人間の好みというものはそう単純ではないようにも思う。商売的には便利だし必要な事だろうけれども。

以上与太話でした。

今年1年は、去年の出会いが実った年だった。去年は付き合っていた人と別れ、その人とは真逆の性格を持つ今の相方と出会った(チャットではずっと前から話していたけれど、リアルで会ったのは去年)。そして、彼女のお陰でSOLという素晴らしく、個性豊かで惚れ惚れするような人間性を持ったバンドにも出会えた。そして今年は、2月に井の頭公園で相方とこういう仲になり、SOLファンの人と親交を深め、夢にまで見たSOL福島ライブに行くことも出来た。学生時代からこれまでの自分が一つに繋がったような1年だった。
実家は多分に問題を抱え、ワタシはその収拾をつけなければならない。元に戻らないならば破壊しなければ次に進む事は出来ない。しかし誰もそれを出来ず放置したまま早12年、皆バラバラになり見て見ぬ振りをしながら放置を続けているが、もう限界が見えている。今の状態でワタシが家を出れば母は一人路頭に迷うことになる。この問題に決着が付きさえすれば、母はこの家で今まで通り生活できる道が開けるし、ワタシや兄も安心して母を支えることができる。ワタシと相方が面倒を見る事だって可能だ(尤もそれは嫁姑問題の危険もあるが^^;)。ワタシと相方の今後を考える上では避けては通れぬ道だし、皆がそれぞれの安息を築く為には誰かがそれをやるしかない。そして、それが出来るのは、唯一全ての状況を把握しておりまた自由が利くワタシしかいない。相方と同じくらい大切なものを破壊しなければならないのは身を切られるような思いがする。これまでその事の大きさに怯え、家を飛び出して福島に住みついたりして逃げ回っていたが、今年になってやっとその一歩目を踏み出す事が出来た。

人の一生は断片ではない。全ては連続した時間の中にある。断片だと思っていたものも、実はパズルのように凸凹があり、やがては一つに集約されていくんじゃないだろうか。
鬼平を見ながらaveさんのMDを聴きながらギターを弾きながら模型を眺めながらふと、そんなことを思った。

よいお年を。


e0066210_11584550.jpg

[PR]
by kaze_soyogu | 2005-12-30 13:50 | Comments(10)

現在製作中。

e0066210_123918.jpg


模型復帰作第一弾。コロコロとしたフォルムが可愛らしいニュービートルです。サーフェイサー(下地を整える為の薄くといたラッカーパテ)を吹き、1200番の耐水ペーパーを当てたところ。
これからベースホワイトを吹いた後に本塗装、クリアー吹き、コンパウンド掛けと続きます。

タミヤのニュービートルは、自動車模型初心者にはとても優しいモデルです。角が少ないので、コンパウンド掛けやペーパー掛けの時下地が出にくい、パーツが少なく且つピタパチで合う、そして何よりも可愛らしい!などなど。復帰作にはもってこいの題材です。
レジン(ウレタン樹脂製のキット)やホワイトメタル(半田のような柔らかい金属製のキット)、どこまでがパーツでどれがバリなのか区別もつかないような難物が、押入れにわんさと控えてます。それらを相手にする前に、少しずつ感覚を取り戻していこうと思っています。

と言うかこの写真、相方にズームの効果を見せる為に撮りました。
本日、とても絵心ある写真を撮っていらっしゃる、お食事処紹介ブログを見つけました。その方の撮り方をマネして、こうするとこう撮れるんだよ、と見せた物。撮ってみると結構迫力がありいい感じだったので、思わず載せた次第。
[PR]
by kaze_soyogu | 2005-11-16 02:10 | Comments(2)


自転車をカッコよくカスタマイズ。そしてときどきポタリング。ある日突然シクロツーリストになったりも。


by FucaNeus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

koさん こんにち..
by kaze_soyogu at 17:38
はじめまして。去年の秋、..
by ko at 04:36
TO 齋藤電鉄ryuさん..
by kaze_soyogu at 01:12
はじめまして。  鈴鹿の..
by 齋藤電鉄ryu at 01:17
TO Ajjieさん..
by kaze_soyogu at 18:49
TO ちょうさん ..
by kaze_soyogu at 14:11
こんばんは 時々見させ..
by Ajjie at 22:22
ワタシのつたないブログに..
by ちょう at 21:10
TO montuさん ..
by kaze_soyogu at 01:38
ポタリング 阿武隈 で..
by montu at 10:02
a-rouさん こ..
by kaze_soyogu at 00:20
ブログ では始めましてか..
by a-rou at 13:45
おはよう! 先日は久し..
by そま at 04:25
dezimadezima..
by kaze_soyogu at 00:14
こんにちは! 僕もバイ..
by dezimadezima at 15:13
ビンディングになれば、あ..
by kaze_soyogu at 00:04
TO とおりすがりさん ..
by kaze_soyogu at 00:02
どうも、通りすがりの猫友..
by 猫友 at 00:27
多摩湖自転車道というか、..
by とおりすがり at 00:42
あれ? 写真のおトイレ..
by miko at 21:49

お気に入りブログ

外部リンク

以前の記事

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧