風そよぐ、晴れた海

カテゴリ:青梅・奥多摩方面ツーリング( 7 )

久々に奥多摩湖まで


e0066210_2338324.jpg


2月3日(土)、久々に奥多摩湖まで走りました。
まず自宅から両国まで自走、そこから輪行し青梅で下車。
青梅から鳩ノ巣まで青梅街道を走り、鳩ノ巣釜飯で昼食。
その後奥多摩湖まで登り、ビジターセンターで一休みして引き返します。
帰りはずっと下り基調なので、勢いに任せて立川まで戻るというルート。
ルートはこちら

そのあとはお茶の水まで輪行、お茶の水から靖国通り-6号を経由して帰宅。
合計90kmちょっとのツーリングでした。


e0066210_23391422.jpg


青梅からスタートし、14km地点の古里で一休み。

今回は、ロードでの初遠征。
自分の貧脚で、12-25のスプロケでも走れるかのテストも兼ねています。

何度も走った道なので、彼女と僕それぞれのペースで走りますが、
これまで以上にペースが合わない^^;
ロードとしては重めのクロモリフレームですら、以前のMTBと比べると、
同じ力で5km/hは速い。
以前はロードの皆さん速いなぁと思ってたけど、ワタシですらこれだもんね、そりゃ速いワケだよ。


e0066210_0102995.jpg


e0066210_0104840.jpg


e0066210_011283.jpg


e0066210_0132719.jpg


鳩ノ巣で、彼女は釜飯、僕はチャーシューメンと鮎の塩焼きを頬張る。
やはり奥多摩は寒く、温かい汁物が欲しくなります。
店先には、もう梅の花が咲いています。

なお、青梅マラソンが近いため、この日は自転車乗りのほか多くのランナーさんの姿が見受けられました。

e0066210_014191.jpg


その後氷川を抜け、奥多摩湖まで登ります。
うっすらと雪をかぶった山々。
この景色のせいか、いつも以上に静かに感じます。

最近のトレーニング不足が祟り、途中1ストップしますが、何とか到着。


e0066210_017251.jpg


昨年10月の、吉祥寺から石和温泉までの143kmを走った時以来の奥多摩湖。
あの時ここは通過点で、更に登って柳沢峠を超えました。
その時のルートはこちら。
あの時は、フロンティア(MTB)で走ったんだよなぁ。

さて、12-25のスプロケはどうだったかと言いますと。

ここまでなら何とかなりますが、これ以上になると正直きついかな、と言うところ。
平地やちょっとした登り程度だったら25でも平気だけれども、
登りが多くなると27や28が欲しい。
25だと僕の貧脚では正直きつい。

以前のように、自転車自体の重さから来る、後ろから引きずり降ろされるような感覚はありませんでした。
なので、絶対的に楽になっていることは確かです。
ただ、力が上手くかからず逃げてゆくような感じがしたのも事実です。
もしかしたら、今のポジションにも問題があるのかもしれないし、
筋肉の使い方にも問題があるのかも知れない。
まだロードに適した乗り方が出来ていないことも、要因の一つかも知れません。

そんなこんなで様々な課題を見つけられた今回の奥多摩ツーリングでした。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2010-02-17 23:50 | 青梅・奥多摩方面ツーリング

会社の方と奥多摩まで


e0066210_16362965.jpg
9月27日、会社の方(Kさんとしましょう)と奥多摩へ。

前回Kさんとのサイクリングは、雨のため、是政橋~拝島で終了でしたが、今回はリベンジと言うことで、拝島から奥多摩湖を目指します。

自転車初心者のKさんですが、果たして奥多摩湖まで辿り着けるのでしょうか。


e0066210_16363982.jpg
朝8時過ぎ、拝島をスタート。多摩サイで羽村に向かいます。

e0066210_16364988.jpg
羽村を過ぎ、青梅へ辺り。この辺はまだKさんも余裕アリ。
この車はなんだ??


e0066210_163659100.jpg
e0066210_16371499.jpg
御岳を過ぎた辺りから、だんだんKさんの背中に疲労の色が濃くなってきます。


e0066210_16372473.jpg
Kさんが無言になり始めたあたりで(笑)、鳩ノ巣釜飯前に到着。
予定通り、ここで釜飯を頬張ります。


e0066210_16374244.jpg
e0066210_1638451.jpg
釜飯としてはいたって普通でしたが、お汁が美味かった!
Kさん曰く、「自転車乗ると美味しいねぇ!」
そうそう。それを味わってほしかったんですよ!

食後はストレッチをし、リスタートです。ここからは登りが続くため、それぞれのペースで走ります。
走行順は、僕、Kさん、みこちゃん。
皆それぞれのペース・・・と思ったら、どうもKさん、オーバーペースだったらしい・・・。


e0066210_16381861.jpg
第一目的地、奥多摩駅に到着。
ここでKさんのお尻の痛みが限界に達し、奥多摩湖はあきらめ、変わりに階段を降り、川原でまったりすごす事に。


e0066210_1638266.jpg
考えてみれば無理もないです。
まだキロ単位で続く登りを経験したことがなく、ポジションも出せてない。
途中で後ろ過ぎたサドルを前に出し、角度を変えて少しはましになったけれど、根本的にサドルが合っていない。
それに加えてフラットペダル。
高いケイデンスにも慣れていないので、この辺りが限界だったのかも知れません。

1時間くらい休み、Kさんは輪行で変えるためお別れ。
ばらしの間、他の自転車海苔の方に、奥多摩湖までの道の距離や詳細情報を聞かれ、帰りの中山トンネルを特に強く注意を促します。

後日会社でKさんに出会うと、どうもビンディングに興味惹かれている様子。
確かに、彼からすると、登りきった後でもみこちゃんが自分よりも余裕があることが信じられなかったかも知れません。

もちろん、もはやビンディングは必需品。でも、Kさんの場合はその前にサドルね。


ただ、今回Kさんは、初めての坂道。
ここで、「登りきった!」という充実感を味わえたそうです(まだ先はあるけどね^^;)。
僕らとしては、その充実感と、自転車の気持ち良さを体で感じていただけたのなら、何より。

今後、もうダメ!もうひと漕ぎもできない!というような経験をしながら、自分を知り、自転車を知れば、必ず実力は伸びてゆきます。
苦しい経験は、誰にだってあるもの。
そこを越えた時、初めて人間って成長できるもんだしね。

Kさん、次回はもう少し、楽に登れると思うよ^^


e0066210_16383870.jpg
Kさんと別れた後、僕らはもう少し川原でなごなご。
そして鳩ノ巣まで下り、駅入り口にある喫茶店「山鳩」でくつろぎ、輪行で帰路につきました。


e0066210_16384978.jpg
e0066210_163858100.jpg
e0066210_1639893.jpg
e0066210_16391652.jpg
濃いコーヒーでほっと一息ついた後、かつて僕らも、Kさんと同じような感じだったことを思い出しました。
実感はないけれど、確実に力は伸びているんですね。

時間はかかるけれど、続けてゆけば、必ず力は伸びるもの。
継続は力なり。この言葉に嘘はなし!



e0066210_1639256.jpg



※ 記録は後日



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2009-10-10 16:39 | 青梅・奥多摩方面ツーリング

さらに奥多摩!今度はひとりで一気走り。


前回の奥多摩1泊2日旅行では、雨に振り回され50Kmちょっとしか走れず不完全燃焼。
そこで、ひとりの休日を利用し、吉祥寺~青梅線奥多摩駅の往復に行ってた。

ルートはいつもどおり、東八道路から深大寺を通り多摩サイに出、羽村から奥多摩街道、青梅街道というルート。

この日も、白丸から奥多摩までは軽い雨に降られますが、この雨でクールダウンでき、気持ちよく走ることがでた。

e0066210_0363794.jpg
奥多摩駅に着くと、低い雲が山の稜線にそって掛かっていた。
駅には多くのサイクリストが次から次へとやってきて、駅前で焼いているのヤマメの塩焼きをかじっている。
夏場のツーリングは、塩分の多い川魚の塩焼きがたまらなくおいしい。


e0066210_0365156.jpg
この日は朝から若干体が重く、良い時の6割程度のコンディションだった。
しかし、一定のケイデンスのほとんど上下させることなく走ったせいか、自分にとって最も楽なペースを見つけることができた。
前を走る人もなく、ひとり黙々(とは嘘で、「イ~~~ヤッホォ~~!」などと相当奇声を発し続けていたが)走ったこともあるだろう。
これまで、どれだけケイデンスにもペースにもムラがあったかが、よく分かった。

野球でも、少し調子が悪い程度の時の方が、結果が出るという。
同じじようなことが、自転車にも言えるのかも知れない。


e0066210_037783.jpg

奥多摩からの帰り道、新氷川トンネルを過ぎたところで、偶然シンさんと出会った!
ビックリビックリ。

福生のお兄様のところから、思い立って奥多摩まで走って来られたとか。
いやぁ、誰か走っているかなぁ、とは思ったけれど、まさか本当に出会うとは!

こんな所で約束もイベントもなしに、知り合いに出会えるなんて、素敵なことだなと思う。
それにしても、カッコイイなぁ。ワタシとは大違いです^^;

e0066210_0371829.jpg
一時的に降ったとは言え、ほとんどずっと晴。サイクリング日和の1日だった。
ここいら辺はバイクも多く、皆さん思い思いのツーリングを楽しんでいらっしゃった。

この日は、自己最高の134kmを走破。でもまだ、走り足りない。

もっともっと、走りたい。ずっとずっと、走り続けていたい。

夜の多摩サイを走行中、闇に吸い込まれていくような不思議な感覚を味わいながら、そんなことを思い続けていた。


e0066210_0373459.jpg



走行距離:134.36km
走行時間:6時間41分32秒
平均速度:20.0km/h
最高速度:53.4km/h
(停止時間を除く)


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2009-09-03 01:09 | 青梅・奥多摩方面ツーリング

吉祥寺-多摩CR-奥多摩&青梅街道ー御岳間ホームコース化 その2

5月5日、この日の予報は午後から雨。

午前中だけは走れそうだったので、府中四谷のY's Roadへ行く事に。
パーツやウェア、バッグなどを見て帰るだけの予定だったので、デジ一眼は持たずズーム機だけを持って出た。

ところが・・・。

いつもどおり東八の松屋で朝飯を摂り、朝8時30分にY's Roadの到着したが、どうにも走り足りない。
Y'sの開店は午前9時。開店までにまだ時間がある。
隣の7-11から2階の更衣室を眺めていると、曇りガラス越しに着替えている店員さんの姿が見える。
やっぱ、いいカラダしてるなぁ。
曇りガラス越しでも、その腕、肩回り、背筋の発達度合いが見て取れる。

なんか、もう少し走りたくなってきた。

途中のトイレまで走り、もう少しと羽村まで走り。
そしてここまで来たらどうせ帰りは濡れるんだからと・・・

行ってしまいました。日向和田の神代橋まで。

後先の計算なく、心の赴くままに走ったため、二人で走ったにも拘らずアベレージ20km/hに迫る勢い。
122kmを走ったことで何か吹っ切れたからでしょうか、それとも道を知っている安心感からでしょうか。
彼女の走りが明らかにこれまでと違います。


e0066210_23261578.jpg
紅梅園
Canon Power Shot S3 IS


e0066210_23301391.jpg
紅梅園
Canon Power Shot S3 IS


あっと言う間に、神代橋をわたってすぐのところにある、「紅梅園」に到着。
ちょうどお腹もすいたところなので、以前通りかかった時に気になっていた、「栗おこわ御膳」をいただきます。

e0066210_23355478.jpg

e0066210_2336717.jpg

e0066210_23362050.jpg
紅梅園の栗おこわ御膳
Canon Power Shot S3 IS


これが大当たり!
ほくほくの栗、ゆず風味のお吸い物、松茸風味の練り物・・・。
どれもこれも豊かな風味で、和のおいしさが散りばめられています。

すっかり幸せな気分になり、さて帰るかとお店を出たところ。
予報どおり、雨粒がぽつりぽつりと落ちてきます。

次第に強くなる雨と風。
多摩CRに入ると、自転車はおろか、歩いている人さえほとんどいません。
ずぶ濡れになりながら、それでも快調に飛ばせます。
雨装備はまるで無いにも拘らず、もともと腹を括っていたせいもあり、それほど苦痛は感じません。
それどころか、いい練習と一つ一つの動作を確認しながら、楽しみながら走れます。

が。

多摩川原橋過ぎで、僕のサイコンに水が入り、液晶に全ての文字浮かび計測不能状態に!
更にほぼ同時に、財布につけていた、大宮八幡の「金運ストラップ」が千切れ落下!!

あまりと言えばあまりにタイムリーな出来事に、もう笑うっきゃないです^^;

その場ですぐに電池を抜き、翌日まで乾かしたため、現在は幸いにも復帰、ちゃんと計測もしています。
落ちた金運ストラップを見捨てず、落下場所まで戻って拾ったお陰でしょうか。

家に帰ってからサイコンを見てみると、右上部裏側にあるバックライトボタンから浸水していました。
裏側から浸水することはあまり考えていなかったのですが、裏側も結構派手に濡れています。
ここは何か対策が必要かも知れません。

意外だったのは、『OLIGHT T25 Regular』は、ほとんど浸水が無かったこと。
キャットアイのライトは若干の浸水、テールライトはかなりの浸水があったものの、フロントタイヤの巻き上げる水滴や上からの雨粒を、最も派手に浴びる位置に付いているOLIGHT T25からは、水滴すら出てきませんでした。
もちろん、彼女の「NITE RIDER ULTRAFAZER 5.0」は、完全防水仕様のため、何の問題もありません。
(むしろ、心配すらしていなかった)


この日は、多摩CRをほぼ独占状態で走れたせいもあり、彼女は過去最高のアベレージを記録。
一番の収穫は、二人ともコケなかったこと。
僕は一度だけ、僅かにテールスライドさせましたが、僕のMTBは動きがあまりクイックではないこと、またタイヤの排水性能の良さにも助けられ、転倒には至りませんでした。
(パセラ&ツーキニストのパターンは、綺麗に三方向に水を掻き分けてくれます。お陰で目の前が噴水状態でした^^;)
そして、雨天時のブレーキシューの減りの早さもわかったこと。
まるで削れるように減っていきます。
こういうことが分かっただけでも、収穫だったと言えるでしょう。


e0066210_23514328.jpg



[5月5日の走行結果]

ゆっけ・・・
サイコン故障のため詳細不明

みこ・・・
走行距離:100.52km
走行時間:5時間18分09秒
平均速度:18.9km/h
最高速度:43.1km/h



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2009-05-22 00:26 | 青梅・奥多摩方面ツーリング

吉祥寺-多摩CR-奥多摩&青梅街道ー御岳間ホームコース化 その1



e0066210_2173028.jpg
2009年5月3日 青梅線『日向和田駅』近くの「神代橋」より多摩川を望む。
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


昨日のとおり、走りました、御岳まで。
彼女にとっては、初の100km超ライドです。
天気はなぐもりで無風。サイクリングには絶好の条件に恵まれ、否が応にも気分が盛り上がります。

朝5時50分。タイヤの空気圧調整、各部の締め増し、オイルチェック、荷物チェックを済ませ、出発です!

なお、写真には一部、5月16日に撮ったものも含まれています。

e0066210_2255961.jpg
2009年5月3日 吉祥寺を出発。
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


途中、東八道路沿いの松屋にて、朝定食をとります。

e0066210_22112573.jpg
2009年5月3日 松屋朝定食は神である。
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


松屋の朝定食は、おまけで納豆、豚煮込み、とろろの3種の小鉢から1つを選べます。
僕はいつも、ソーセージエッグ定食に納豆小鉢。これで390円。安い!

タンパク質を大量補給、平日より栄養タップリな朝ごはんを平らげ、リスタートです。

そのまま鶴川街道を下り、多摩川原橋より多摩CRへ。
朝は人も少なく、妙な走行をする自転車、突発的な動きをする歩行者はほとんどおりません。
気持ち良く25~27km/h程度で巡航、彼女も23~24km/h程度で後を追います。

それにしても、ロードの皆さんの速いこと速いこと!

e0066210_22161121.jpg
2009年5月3日 府中四谷の7-11。隣はワイズロード府中四谷店
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


まずはここでトイレ休憩。
しっかり朝ごはんをとったため、すっかり腸が元気になっています。
彼女を待つ間、イソイソと軽量化を済ませます。

お店に入ろうとしている方は、スポーツバイク店『なるしまフレンド』のスタッフと思しき方。
初心者と思われる数名を率いて、ツーリング講習のような走行をしておられました。

なるしまフレンドのウェアは、僕と彼女にとっては安心印。
彼らの後ろを走っていると、マナーもよくジェスチャーも分かり易く、とても走りやすいのです。
彼女は途中からここまで、彼の率いる集団の後ろを、安心して走ってきたそうです。
Safety & Enjoy Cycling!
その見本のようなスタイル。見習うべき物が沢山あります。


e0066210_22433310.jpg
2009年5月16日 多摩川サイクリングロード
Canon Power Shot S3 IS

e0066210_22434111.jpg
2009年5月16日 多摩川サイクリングロード
Canon Power Shot S3 IS

e0066210_22435092.jpg
2009年5月16日 多摩川サイクリングロード
Canon Power Shot S3 IS


朝の多摩サイには、様々な自転車がいます。
ロード、マウンテン、クロス、スポルティフ&ランドナー、そしてもちろん、シティサイクル。
ごく希に、シティサイクルにレーサージャージ&レーパン、ヘルメットにグローブというフル装備の人なんかもいます。
これを眺めているだけでも楽しかったりします。

はじめの白いウィンブレの男性は、カメラに気付くとニコッと笑いかけてくれました。

軽量化と当分補給を済ませ、ここから羽村堰まで一気に駆け抜けます。

e0066210_22532659.jpg
2009年5月3日 多摩川サイクリングロード終点羽村堰』
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens



日が差しはじめ、気温が上昇してゆきます。
暑くなり始めたため、アームウォーマーとレッグウォーマーを外し、彼女を待ちます。
ここから先は一般道。千切れないよう、彼女を前にして進むことに。

途中、奥多摩街道を少し進むと、小作の坂が現われます。
御岳までは、この坂が一番大きく、これを越えればあとは緩いのぼりが続くだけです。
彼女の後ろから、坂はここだけだ、あと○メーター、もう少しだ、がんばれ!と励ましながら上ります。

はじめ、奥多摩街道を抜け、勝沼より青梅街道に入るルートを計画していました。
しかし、お祭りのため勝沼から日向和田間が21:00まで通行止め。
已む無く吉野街道へ抜け、日向和田駅過ぎの神代橋より青梅街道に入るルートの変更です。

この吉野街道が、この日の鬼門でした。
酷い渋滞、狭い道幅。
どうにもならない中、何とか擦りぬけ、わき道に逸ながら進みます。

途中、コンビニのトイレに寄ろうとするも、長蛇の列。
途方に暮れ、近所のスーパーでうかがうと、近くに公園があり、そこのトイレを使うと良い、とのこと。

e0066210_22584516.jpg
2009年5月3日 梅の農園を公園にした「梅の木公園」
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


e0066210_2259352.jpg
2009年5月16日 梅の農園を公園にした「梅の木公園」
Canon Power Shot S3 IS


この公園が当たりでした!
吉野梅郷の『梅の公園』は有名ですが、ここはそこから少し離れた、「梅の木公園」。

e0066210_235465.jpg
2009年5月16日 梅の農園を公園にした「梅の木公園」
Canon Power Shot S3 IS


e0066210_2351766.jpg
2009年5月16日 梅の農園を公園にした「梅の木公園」
Canon Power Shot S3 IS


e0066210_2352527.jpg
2009年5月16日 梅の農園を公園にした「梅の木公園」
Canon Power Shot S3 IS


園内は全て梅ので、そこらじゅうに梅の実が落ちています。
もったいない!!

トイレも綺麗で静か。木のベンチも座り心地が良く、思わず目がトロンとしてしまいます。

眠気と梅を摘みたい衝動を必死に振り切り、リスタートします。
ここからは神代橋を渡り、青梅街道に入ります。

e0066210_2382734.jpg
2009年5月3日 神代橋より御岳方面を臨む
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


e0066210_2394118.jpg
2009年5月3日 多摩川の青い水
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


e0066210_23101864.jpg
2009年5月3日 カヌー練習中!
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


e0066210_23104951.jpg
2009年5月3日 何度もひっくり返りながらも、練習を続ける女性
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


神代橋からの眺めは、思わず声を上げてしまいます。
都心からすぐそこなのに、思えば遠くへ来たもんだ、などと(笑)

この辺りは、カヌーを楽しんでいる方が沢山おり、この日も数名いらっしゃいました。
一番下の方は、女性です。
何度もひっくり返りながら、一生懸命コントロールされていました。

それにしても、あの多摩川が、ここまで来るとこんな色になるんですね。

神代橋からの光景を楽しんだ後、是非二人で走りたかった、青梅街道の日向和田~御嶽駅間を走ります。
ここからは、もう日本の田舎の光景。
この景色を見せたいがために、走って来たとも言えます。

幾つかの無人駅を通過し、調子が出てきたところでもう御嶽駅に到着。
ここまで55kmの道のりです。
彼女も拍子抜けして、「もう着いちゃったの?」と。

以前55kmと言えば、ヒィコラ言いながら走る距離でした。
それが今では、もう着いちゃったの距離です。
お互い成長したもんです。

時計を見ると、ちょうどお昼時。
おなかの虫も騒ぎ始めたため、駅チカ(笑)の『みたけ庵 茶楽』で昼食です。

e0066210_23312388.jpg
2009年5月3日 みたけ庵 茶楽
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


e0066210_23315718.jpg
2009年5月3日 みたけ庵 茶楽
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


e0066210_2332990.jpg
2009年5月3日 みたけ庵 茶楽
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


まぁなんと言うか、普通においしい蕎麦でした^^;

この後、昨日の登山口までの挑戦を敢行、完膚なきまでに叩きのめされ、それでもイワナとヤマメのご褒美だけは頬張って、引き返します。

帰り道は、小作坂下まで吉野街道を。その後奥多摩街道を経て、行きと同じ道で帰ります。

e0066210_2347446.jpg
2009年5月3日 
多摩川CRの夕日


走行距離122km。
彼女は、密かに平均速度17km/h以上を科していました。
走行距離は余裕で更新、アベレージもギリギリでクリアした彼女の感想は・・・

体ができていなくても、体に合ったスポーツバイクならば、誰でも100kmは走れる。

だって、私だって走れたんだもん!


なるほど、そういう考えもあるのか。
でも、その通りだと思います。
正しいポジション取りやペダリングのコツさえ掴んでしまえば、スポーツサイクルならば結構行けるもんです。

この後、吉野梅郷周辺でおいしい店も発掘し、青梅巡りが僕らの休日定番コースになって行くのでした。


[5月3日の走行結果]

ゆっけ・・・
走行距離:122.50km
走行時間:6時間41分46秒
平均速度:18.2km/h
最高速度:61.4km/h

みこ・・・
走行距離:122.53km
走行時間:7時間10分39秒
平均速度:17.0km/h
最高速度:44.2km/h



にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2009-05-20 00:02 | 青梅・奥多摩方面ツーリング

惨敗の御岳山-吉野街道御岳山方面分岐道からケーブルカー滝本駅まで



e0066210_2324060.jpg
2009年5月3日 御岳登山鉄道「滝本駅」より、上ってきた坂を眺める
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


e0066210_0512748.jpg
2009年5月3日 御岳登山鉄道「滝本駅」
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


所要時間。
上り、わからない。ともかく永遠に感じた。
下り3分程度。いや、3分かかったかなぁ。

最高速。
上り8km程度(駐車場先の橋を渡ってから先の速度)、
下り61.4km。


GWに計画していた、彼女の初100kmライドに備え、4月29日、僕ひとりでJR御嶽駅周辺まで下見を兼ねた初100km超ライドを敢行、

・100km超を走破
・アベレージ20km/h超
・朝8時頃出発し日の入り前に帰宅

の3つの目標を、それぞれ115.39km、21.1km/h、16時半吉祥寺着でそれぞれ達成し、5月3日、晴れて彼女も同じルートを挑戦する事になった。

5月3日は、お祭りのため青梅街道の勝沼~日向和田間が通行止めになっており、吉野街道へ迂回、渋滞の中擦りぬけるように走る羽目になりながらも、122.5kmを走り切り、ひとまず彼女の初100km超ライドは成功した。

さて。

トップの所要時間と最高速は、その際勢いで行ってしまった、吉野街道・御岳山方面分岐道から、御岳山登山口の入り口、御嶽登山鉄道滝本駅間のおよその所要時間と最高速。

なんとなく、ここまでふたりで来たなら、滝本駅のヤマメとイワナを食べたい!となんとなく上り始めてしまったけれど・・・

入りは傾斜17%、そこからみるみる反り返るようにきつくなる坂道。


・・・惨敗でした。


下車こそしなかったけれど、数え切れないほど脚を付く有様。
リスタートでは、ちょっと力を込めただけでフロントリフトからウイリー状態に。
バーエンドバーに持ちかえてやっとこリスタート。
10m、そして15m程度登っては止まり、呼吸を整え、また上ってはまた止まり。
ゴールがそこに見えているのに、あと一踏みができない。
明らかに、進む時間より休む時間の方に多くの時間が費やされる始末。

そして自分の脚力の無さ、背筋の無さ、登坂テクニックの無さ、フラットペダル(もちろんトークリップ&ストラップも無し)で踏むだけペダリングの限界を思い知らされた30分弱。

登山道の入り口から、壁としか思えない坂を眺めながら、「この先を登って行く人もいるんだよなぁ」などと思いつつ、今の自分には絶対ムリと痛感した瞬間でした。


e0066210_057175.jpg
2009年5月3日 御岳登山鉄道「滝本駅」のヤマメ
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


e0066210_0574791.jpg
2009年5月3日 御岳登山鉄道「滝本駅」のイワナ
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


ヘトヘトになり、口から何か出そうになりながら、それでもイワナとヤマメを完食!
更には、なぜか売店に山のように売っていたバナナを頬張り、カリウムを補給。

下りは最高に気持ちよく、まさに「あ」っと言う間に吉野街道に。
・・・・上りのあの絶望感はなんだったのだ^^;


僕の兄は、最近は遠ざかっていますが、かつてはランドナー海苔※1でした。
学生時代自転車サークルに所属、北海道一周をはじめ、糸魚川ランや山岳めぐりなど、様々なところにロングツーリングに出かけていました。
本体と荷物を合わせ、30kgを超える重量で1日170km走ったり、峠を幾つも越えるなどの経験があり、僕にとっては先生のような人です。

その兄に惨敗の報告をすると、一言。


「アホかオマエは」

「・・・・・・ T_T」

その心は。
トークリップ&ストラップ(ランドナーは基本スニーカーで乗るので、兄は当然トークリップ&ストラップ派)、若しくはSPD無しで、引き足を使わず踏むだけだと膝を壊しやすく無謀だ!
(ワタクシ、乗り始める前に、左ひざ数度+左くるぶしを、通常歩行が困難な程度に傷めた事があります。)

それにしたってその程度で心が折れるとは、元ハンドボーラーのクセに情けない!
(いや、ハンドボールとは関係ないと思うが^^; 確かに足腰かなり使うスポーツだけども)


そんなわけで昨日、代々木公園のタイフェスのついでに、原宿の「なるしまフレンド」まで足を伸ばし、
買ってしまいました。
目のクリクリっとした女性店員さんを質問攻めにして、SPD&SPDシューズを。
・・・つか、タイフェスのほうが「ついで」です^^;
ペダルは、店員さんのオススメで、踏面の大きいタイプです。
ペダリングのコツからポジションに至るまで、非常に的確、且つ分かりやすい説明で、
納得しながら買うことができました。

購入時、ひとしきりお話を伺った後、店員さんに最後の質問。

   僕   :  「世界、変わりますか?」
 店員さん : 「変わります!」

我ながらワケワカラン質問だと思いつつ、これでガッチリ決定。

今週末から、しばらくポジション調整&着脱の練習です。
そしてトレーニング&ストレッチも忘れずに・・・な!



※1ランドナーとは・・・
所謂ツーリング車で、数泊のロングツーリングを前提に設計された旅用自転車。
ダイヤモンドフレームにドロップハンドルと、ロードに似たスタイルですが、タイヤは旅先での入手のし易さから、ママチャリと同サイズの26インチ、前後泥除け(フェンダー)、キャリアを装備している。
その他、一見古いロードに見えるが、あらゆるところが独特の構造をしています。
伝統的なダイヤモンドフレームに、シンプルなフロント周りもさることながら、革サドルや革バーテープなど時間をかけて体に馴染ませる革製品を使用している場合も多く、、ダウンチューブのダブルレバーのシフターやキャリア、泥除けにはクロームパーツを好んで使う方も多数あり、そういったランドナーは、クラシックカーのようなエレガントさを醸し出しています。




にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2009-05-19 00:58 | 青梅・奥多摩方面ツーリング

初100km超ライド 吉祥寺-青梅線御嶽駅周辺-吉祥寺

e0066210_082089.jpg
2009年4月29日 多摩川・御岳橋より奥多摩方面を望む
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens




吉祥寺から青梅線御嶽駅間の往復。
ウグイスの歌声。山の麓の無人駅。豊かな水を湛える多摩川の水音。
そして、笑顔で挨拶を交わす、対向車線のサイクリストの皆さん。
初の100km超えライドは、ツーリングの楽しみを再認識できた、心地よいライドでした。

今年の入梅前の目標として、100km超ライドと峠越えを立てていました。

そして4月29日。
彼女が友人との約束で1日別行動のため、いい機会なので往復100km超ライドを挑戦する事に。
走行距離100km超、アベレージ20km/h超、日暮れ前に帰ることが目標です。

それほど激しい坂はないにも拘らず、アベレージ20km/h超はちょっと遅めですが、
クロモリキャリア、サイドバッグ、その中には弁当や飲料、デジ一眼が入っており、MTB本体含め20kg強の重量があるため。
この状態だと、経験上登坂無しでもこれくらいが限度かなぁ、と。

ひとりで行った理由は、二人だと距離は走れてもアベレージが下がること、たまには自分のトレーニングもしたかったので、それなりのペースで走りたかったこと、そして、二人でまたここに来るときのため、下見をしておきたかったことの3つ。

向かう先は、JR青梅線の御嶽駅周辺。
以前電車で来た時、この景観の中を自転車で走ってみたかったためです。

ちなみにこの日は、ワタシのレーパンデビューでした。
レーサージャージは持っていましたが、これまでレーパンは持っていませんでした。
しかし、100km超には、いくらサドルが合っているとは言え、パッド入りのレーパンは必要かなと思い購入。
不思議なもので、レーパンを履くと、なぜか今まで以上に気持ちが盛り上がります。

朝8:10に吉祥寺を出発。
三鷹台を経て裏道をゆっくり抜け、東八道路へ。
そこから鶴川街道に出て多摩川原橋で多摩CRに入ります。

途中、ワタシを抜いていくロードの方が話しかけたりしてきます(話しかけてくるのは、なぜかローディーばかり)。
内容はだいたい同じでこんな感じ。

ローディー:「すごい荷物だねぇ!重くない?」
ワタシ :「いつものことだから慣れました^^」
ローディー:「どこまで行くの?」
ワタシ :「御嶽駅辺りまで!」
ローディー:「そっかー、頑張ってね~!」
ワタシ :「はーい、ど~も~!」

そう言う彼らは、ワタシよりももっと走るんだろうな、と思いつつ。
午前中は、結構話しかけてくる人や挨拶する方が多く、走っていて気持ち良いのです。

メーデーのイベントで途中一瞬足止めを食らうも、羽村堰まで一気走り。

e0066210_172615.jpg
2009年4月29日 多摩川・羽村堰
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


ここでトイレを済ませ、おにぎりとカロリーメイトを補給。
暑くなってきたので、アーム・レッグカバーを外します。

20分ほど休憩の間、グラついていたバックミラーの取り付けの手直しなどを済ませ、奥多摩街道へ入ります。
その後青梅街道に入り、昭和の香り漂う青梅駅前を抜けると、一気に田舎道になります。

e0066210_1252491.jpg
2009年4月29日 多摩川
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


こんな田舎道が永遠と続きます。
都区内では味わえない、爽やかな光景の中を、空気を感じながら進む。
自転車の素晴らしさ全開です。
(帰り道、道路を渡って逆側に来て撮ったもの。自転車が逆方向を向いているのはそのため。決して逆走していたわけではありません^^;)

行きはこの通り、ゆるゆると登り続けですが、それほどきつくはありません。
それほど脚のないワタシでも、15km程度まで落ちるのは2箇所程度、それ以外は脚を残したまま21~2km程度のペースで走れる坂ばかりなので、程よく心地良さを感じながら走れます。

御嶽駅に着いたのは、11時35分。ここまでの走行距離55km。
吉祥寺を8時過ぎに出て、40分程度の休憩を挟んでも、午前中に辿り着けます。
程よく自然を感じ、程よく汗をかき、程よくトレーニングができる、いいコースです。

景色もさることながら、最も気持ちよかったことは、青梅を過ぎてからは対向車線のサイクリストの方々が、みな挨拶をしてくれること。
手を振って「頑張って~」と応援してくれる方もいらっしゃいました。
励みになりますね。
こういうことって、大事です。

その後、御岳登山鉄道ケ-ブルカー の滝本駅手前まで登ります。
ここでデジカメの電池が切れ、写真が撮れず。
テンションが若干下がり、引き返すことに決定。
帰り道は、また同じ道。ほとんど下りなので何の労もありません。

羽村の交差点の真ん中で右足が吊りかかるも、無事帰宅。
レーパン、アーム・レッグウォーマーの快適さも確認できたうえ、目標を全てクリア。
また次の目標に向かう力を得た、初100kmライドでした。


e0066210_224450.jpg
2009年4月29日 多摩川・御岳橋
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens



走行距離:115.39km
走行時間:5時間27分29秒
平均速度:21.1km
最高速度:49.4km/h



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2009-05-05 02:04 | 青梅・奥多摩方面ツーリング


自転車をカッコよくカスタマイズ。そしてときどきポタリング。ある日突然シクロツーリストになったりも。


by FucaNeus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

カテゴリ

最新の記事

フォロー中のブログ

外部リンク

以前の記事

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧