風そよぐ、晴れた海

<   2005年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

よいお年を!


e0066210_11583520.jpg

ここ数日SOLのたくまさんに影響され、ギターを弄ってます。

サドルを0.5mmほど削り、弦をMartinの.011~.052からGibsonの.011~.050に交換。エクストラライト(.010~.047程度)だとぺちょんぺちょんと情けない音しか鳴らず、ライト(.012~.054程度)だとちと握力がきつい。なので使うのはいつもその間のゲージ。
これまではずっとマーチンを使っていて、今回もはじめマーチンを張ったが突如気が変わりギブソンに張り替えてみた。
この2つ、大分キャラが違うようで、ギブソンの方が5,6弦が細いせいかシャリシャリ感の強い派手な音が出る。これまで弾いていたようなしっとり感の濃い曲では違和感があるが、今練習している曲や覚えようとしているものにはピッタリだ。
ついでにピックも変えてみた。これまではドロップ型の1mm、先端がかなり尖ったものだった。それをドロップ1mmには変わりないが、先端に若干丸みのあるものにした。それでもドロップ型の中では尖り気味のものだが。
握りの関係かもしれないが、ストロークも丸みのある方が弾き易い。オルタネイト(ド下手ですが)は尖っている方が弾きやすく感じる。音はかなり違う。まぁこの辺りは弾く曲によっても変わってくるだろうし、慣れもあるだろう。何も今「これ!」と決める事も無いと思う。これからも色々試してみよう。

今えーすけさんからいただいたaveさんのMDを聴いている。これがなかなか良い。バラードも「失笑」や「そんな毎日」「好きということ」なんて背中がゾワッとする。自分はどっちかと言うとアップテンポの方が好き(涙が出てしまうのがなんだか恥ずかしいのでそういうことにしてる)だが、バラードを聴いているとaveファンのえーすけさんがSOLにはまったのもよく分かる。aveさんの曲には秋の情景が見える。

全く話は違うが、以前ワタシの谷山浩子好きを知った女の子の友人が遊佐未森さんのCDを貸してくれたことがあった。谷山さんの音楽性に似てるからと言う事だったが、ワタシは「うむむ・・・」。どの辺りが似ているのかが分からない。遊佐さんの曲でいいな、と思う曲はある。でも谷山さんの音楽性とはかなり違うように思えたし、自分の好みとも少し離れているようにも思える。見える情景もまるで違うし、楽器の使い方からして違う。どの音、どのパートを何の楽器でどう表現するか、まずこれがまるで違う。ロストロポーヴィッチとヨーヨー・マ(共にチェロ)程に違う。ところが、ザバダック(こちらもあまり合わなかった)や遊佐さんや谷山さんが同系で扱われている状況も結構目にするし、共通するファンも結構いらっしゃるようだ。

その時はっきり自覚したのだが、ワタシはジャンルや「~系」を意識して聴くことはほとんど無いと言う事。Mr.BIGも聴けば中国琵琶も聴く。箏座も聴けばフォークも聴く。クラシックの指揮者、カルロス・クライバーやアーサー・フィードラーも好き。クラシック好きかと思えばドビュッシーのほとんどはあまり好きではないし、ホルストの「惑星」もあまりピンと来ない。クライバーとフィードラーの音楽性だって対極にある。
昭和歌謡の「港が見える丘」や「星影の小径」をちあきなおみさんがカバーしたものや、「蘇州夜曲」やこれまた「星影の小径」のAnn Sallyのカバーも良い。
サザンやLOVE PSYCHEDELICOも好き。The White StripesもSTEPPENWOLFの「born to be wild」も大好きだ。

要は、好きなものは好き。好きになるのにジャンルなんて関係ない。だから同系と言われるものでもあまり合わないということもままある。逆に全く違う系統、これが好きならこれは苦手だろうというものでも好きになったりもする。そもそも、括りを決めて「俺はこう」とか「これはこう」と決めてしまうのは少々勿体無いような気がするし、人間の好みというものはそう単純ではないようにも思う。商売的には便利だし必要な事だろうけれども。

以上与太話でした。

今年1年は、去年の出会いが実った年だった。去年は付き合っていた人と別れ、その人とは真逆の性格を持つ今の相方と出会った(チャットではずっと前から話していたけれど、リアルで会ったのは去年)。そして、彼女のお陰でSOLという素晴らしく、個性豊かで惚れ惚れするような人間性を持ったバンドにも出会えた。そして今年は、2月に井の頭公園で相方とこういう仲になり、SOLファンの人と親交を深め、夢にまで見たSOL福島ライブに行くことも出来た。学生時代からこれまでの自分が一つに繋がったような1年だった。
実家は多分に問題を抱え、ワタシはその収拾をつけなければならない。元に戻らないならば破壊しなければ次に進む事は出来ない。しかし誰もそれを出来ず放置したまま早12年、皆バラバラになり見て見ぬ振りをしながら放置を続けているが、もう限界が見えている。今の状態でワタシが家を出れば母は一人路頭に迷うことになる。この問題に決着が付きさえすれば、母はこの家で今まで通り生活できる道が開けるし、ワタシや兄も安心して母を支えることができる。ワタシと相方が面倒を見る事だって可能だ(尤もそれは嫁姑問題の危険もあるが^^;)。ワタシと相方の今後を考える上では避けては通れぬ道だし、皆がそれぞれの安息を築く為には誰かがそれをやるしかない。そして、それが出来るのは、唯一全ての状況を把握しておりまた自由が利くワタシしかいない。相方と同じくらい大切なものを破壊しなければならないのは身を切られるような思いがする。これまでその事の大きさに怯え、家を飛び出して福島に住みついたりして逃げ回っていたが、今年になってやっとその一歩目を踏み出す事が出来た。

人の一生は断片ではない。全ては連続した時間の中にある。断片だと思っていたものも、実はパズルのように凸凹があり、やがては一つに集約されていくんじゃないだろうか。
鬼平を見ながらaveさんのMDを聴きながらギターを弾きながら模型を眺めながらふと、そんなことを思った。

よいお年を。


e0066210_11584550.jpg

[PR]
by kaze_soyogu | 2005-12-30 13:50 | Comments(10)

井の頭公園ライブ&クリスマスライブ-その2

井の頭公園ライブが終了し、Sol grottoに移動します。
ところでこのSol grotto、SOLの昔のバンド名「SOL GROT DEEP」から取ったものだそうで、SOL縁のお店だったりします。
狭い店内いっぱいに人が入り、とても素敵なクリスマスパーティーとなりました。井の頭公園で初めてSOLを聴いた方もいらっしゃったりして、音楽はこういうことがあるからいいですね。
音楽は一つの言語。通じない人には通じないけれど、通じた人とは途端に仲良くなれたりする。これだからやめられません!
相方の友達もSOLが気に入ったようで、ライブに行きたい!と言っていたとか。連れて来た甲斐がありました。

ライブの後、卓磨さんのギターを借りて遊んでいたのですが、これがまた弾きやすいのなんのって。そしてよく鳴る。
家に帰ってからもあの感覚が忘れられず、気が付くと自分のギターのブリッジを削っていました^^;
ファンのいしまるさんとは谷山浩子の話で盛り上がり、ながねぎさんとは音楽の話、ゆうたさんとはギターの話で盛り上がりったりと、最高のクリスマスとなりました。

またこういうイベント、またやりたいですね。

e0066210_151591.jpg
e0066210_1521546.jpg
e0066210_1522431.jpg
e0066210_1525820.jpg
e0066210_153661.jpg
e0066210_1531546.jpg
e0066210_1404354.jpg
e0066210_1402943.jpg

[PR]
by kaze_soyogu | 2005-12-26 15:04 | SOLとの月日 | Comments(13)

井の頭公園ライブ&クリスマスライブ-その1

12月23日は、SOLの井の頭公園ライブ&Sol grottoでのクリスマスライブがあり、ワタシも相方と共に行ってきました。

井の頭公園では、定刻の2時に到着するもいつもの如く誰もおらず。ひたすら待つこと40分。やっと卓磨さんとユキさんが大荷物を抱えながら現れました。
井の頭公園は楽器演奏は自由に出来ますが、原則アンプやドラム類は使用不可。なので限りなく生音に近い音量での演奏。
穏やかな天候の下、井の頭公園の穏やかな雰囲気に溶け込むようなSOLの音楽に、多くの人が足を止め聴き入っていました。

e0066210_1458620.jpg
e0066210_14582315.jpg
e0066210_14582922.jpg
e0066210_14583681.jpg
e0066210_14584674.jpg
e0066210_1458564.jpg
e0066210_14593934.jpg
e0066210_14595447.jpg
e0066210_150786.jpg
e0066210_1502185.jpg

[PR]
by kaze_soyogu | 2005-12-26 15:00 | SOLとの月日 | Comments(2)

夢の続き-11月26-27 郡山、飯坂の旅 その7・・・飯坂楽屋 SOL&ave


e0066210_0135981.jpg
福島交通い飯坂線・福島駅。阿武隈急行・福島駅とホームを共にしています。ホテルからはJRの線路を挟んで逆側、地下道を抜けた先にあります・・・が。

これ、場所わかんねぇって。案内を頼りに進んだけれど、どこを見てもそれらしい入り口が見つからない。ふと駅ビルと隣のパチンコ屋の合間を見上げると、こんな看板が。なんだこれかよ。地下鉄の駅の入り口を見つけるよりも難儀だぜ。

電光掲示板などという無粋なものではありません。しかも「○○線・福島駅」ではなく「電車のりば」。泣かせます。


e0066210_0141832.jpg
e0066210_0142756.jpg
「桜水」「花水坂」。飯坂線には、思わず降りたくなるような素敵な駅名が幾つかあります。昼間であれば、小湊鉄道のようにはしゃぎまわっていた事でしょう。
しかしこの時は、小糠雨降りしきる夜。そして耳の奥にはSOLの曲がこだましています。飯坂線の旅はまたいずれの機会に回し、今回は先を急ぎます。


e0066210_0144032.jpg
e0066210_014548.jpg
飯坂温泉駅に到着。思っていたよりも立派で少しばかり拍子抜けしてしまします。もう少し鄙びた駅を期待していたのですが。。
駅を出ると、素敵なイルミネーションが僕らを歓迎してくれました。ほとんど人の歩いていない温泉街の駅のイルミネーション。日曜の夜だからこそ出会えた光景なのかもしれません。

ここから川沿いに進み、ライブハウス『飯坂楽屋』を目指します。すると、一見でそれと分かる建物が、温泉街の入り口近くにありました。店の名を確かめ、恐る恐る中に入ると、丁度リハを終え準備に取り掛かるSOLの皆さんの姿が。

お店の入り口で呆然と突っ立っている僕らを目敏く見つけた卓磨さんが、凄い勢いで満面の笑みを浮かべやってきます。頭を下げ、心の底から感謝の言葉を交わします。華さんはワタシ、相方と固く握手、いつもに増して男らしい鳥羽さんに感動、一段と色っぽいヒロさん、久々のユキさんに見惚れ、何よりも福島の地でSOLの皆さんに出会えたことを深く深く噛み締めるのでした。

ワタシの撮った写真は数少ない為、下のいしまるさんのギャラリーをご覧になった方がその様子が窺い知れるかもしれません。

galleriaきら星


中途半端ですが、夜も遅いのでこの辺で。続きはまた明日。


e0066210_015537.jpg
e0066210_0151714.jpg
e0066210_0154499.jpg
e0066210_0155455.jpg
e0066210_016543.jpg
e0066210_0161674.jpg
e0066210_0192639.jpg

[PR]
by kaze_soyogu | 2005-12-11 00:21 | 東北の空の下 | Comments(4)

夢の続き-11月26-27 郡山、飯坂の旅 その6・・・福島到着


言い忘れましたが、下の7-11から27日の日曜日。ひまわりまでは26日の土曜日です。

e0066210_22445358.jpg
新しいデジカメを自分用の設定にし(以前のモデルチェンジ版なので、大体の設定法は分かっていた)、駅前のビル、モルティの辺りで山辺さんと待ち合わせます。そして3人で向かった先は、駅前の喫茶店『Tea Road(ティーロード)』。ここは「ままどおる」で有名な、『三万石』郡山本店2階にあるお店です。昨年、友達の女の子に連れて来られるまで、その存在を知りませんでした。なんと勿体無い。
日本紅茶協会の加盟店で、紅茶は44種類あるそうです。 他にケーキセット、モーニング、ランチメニューもあり、店内もゆったりしているので、ちょっと寄るには丁度良い隠れた駅前和みスポットなのです。

→ 三万石ホームページ


e0066210_224595.jpg
めちゃめちゃ素の山辺さん。普段東京で会っている人とこうして郡山で会うのは、なんだか不思議な感じがすると同時に、気持ちがほくほく温かくなり、どこかホッとしてきます。


e0066210_22452362.jpg
山辺さんの頼んだサラダ。「お、多いですよこれ」の声にも、ワタシの胃腸は応えられる状態になく・・・^^;
この時は昨日のひまわり、そして朝食バイキングの納豆飯に、胃腸が悲鳴をあげています。食べ物を見るだけど「お、おぇ」となり、見て見ぬふりでやり過ごしています。


e0066210_22454094.jpg
僕らの席の背後には、素敵なティーカップが沢山展示されていました。


e0066210_22455113.jpg
e0066210_224629.jpg
難しい話もあり、ノー天気な話もあり、ほんの短い間でしたが心温まり気持ちがゆるゆるとほぐれた1時間半でした。大人びて見えても、やはり20代前半の女の子、賑やかさを隠そうとしても隠し切れない素敵な女の子です。3人でゆっくり郡山観光を楽しみたい気持ちに駈られながらも、迫り来る時に追われ駅を目指します。


e0066210_22461313.jpg
改札口で名残を惜しみ、またの再会を約束しながら、ながら東北線・仙台行きに乗り込みます。


e0066210_22462469.jpg
日も大分傾き、暖かく柔らかな日差しが車内に差し込めます。


e0066210_22463689.jpg
福島到着。
郡山は震える寒さでしたが、ここ福島は郡山のそれと比べると、幾分和らぎ少しばかり拍子抜けするほどでした。

「なんだ、これじゃ東京とそう変わらないじゃん。暑いくらいだ」
「その温度感覚、絶対おかしいよ!」

やはり南国好きの相方にとって、厳しい寒さには変わりないようです。


e0066210_22465056.jpg
宿泊予定の福島ビューホテル。駅の目の前にあります。
翌朝は、7時1分発の新幹線で東京に向かいます。そしてそのまま会社に直行。ホテルは新幹線停車駅に近いことが他の何よりも大事な条件でした。
駅近・ダブルルームにも拘らず、日曜ということもあり非常に安く泊まる事が出来ました。


e0066210_2247029.jpg
チェックインして小一時間ほど一休み。外を眺めると、日は完全に山に隠れ、雲を赤く染めています。
辺りが夜の闇に包まれ、零れんばかりの星が夜空を彩りはじめる頃、僕らは飯坂でSOLの音楽に暖められている。

これから訪れる夢のような世界を思い描きながら、一路「福島交通飯坂線」を目指します。


e0066210_2247951.jpg

[PR]
by kaze_soyogu | 2005-12-10 22:51 | 東北の空の下 | Comments(0)

夢の続き-11月26-27 郡山、飯坂の旅 その5・・・デジカメ壊れる


e0066210_23545360.jpg
学生時代、2年半夜勤バイトをしていた7-11。郡山へ来た時は、必ずここに寄りオーナーと奥さんに挨拶します。

ここは郡山一の繁華街で、右を見ても左を見ても水商売の店ばかり。夜勤とは言え、普通の夜勤バイトとは一味違います。まずお客さんが途切れません。店の中はいつまでも賑やかです。そして何よりも、トイレが空かない(笑)
日曜を除くと、毎日目の回るような忙しさ。しかし、ある程度お水関係の方々と仲良くなると、色んなものを奢ってもらえる、べろんべろんの女性に突然抱きつかれる、半男半女の方に手を握られ離してもらえない等の、美味しいのか美味しくないのかよく分からないオプションも付いきたりもします。

それにしても、領収書書きまくったなぁ。。。

その後店を出、SOLと一緒にストリートをされていた山辺さん(彼女は毎週、郡山から東京へ通い、ストリートを行っていました)と待ち合わせる為、駅前へ向かいます。

と、その時。

愛用のOLYMPUS CAMEDIA C-770UZが、非情にも手から滑り落ち地面に叩き付けられるという事件発生。しかも、アワアワとお手玉をしてしまった為、落下の勢いは倍増。いやな音が耳の奥にこだまします。

その時電源は入ったまま。もちろんレンズは飛び出した状態。拾い上げ電源を切ってみると、レンズが収まってくれません。もう一度電源を入れ振ってみると、ズームレンズがカタカタ左右に踊り、折れた部品が中を駆け巡る音がします。
明らかに壊れた音。電子部分全く問題ありませんでしたが、機械的にここまで立派に壊れては、まるでお話しにならない。

事態は深刻です。これではSOL飯坂ライブを撮る事も出来ません。ガックリと膝を付き、負け犬の如く遠吠えしたい衝動に駈られますが、山辺さんとの待ち合わせ時間は刻々と迫っています。そしてその後は、事態を好転させるに足る時間はありません。今何とかしなければ。落ち込んでいるヒマはありません。おもむろに踵を返し、駅の向こうのヨドバシカメラ郡山店に向かって歩きはじめるワタシ。訝しげに後を追う相方。

そして約10分後。ヨドバシを出たワタシの左腕には、こんなものが抱えられておりました・・・。
[PR]
by kaze_soyogu | 2005-12-08 00:53 | 東北の空の下 | Comments(3)

【閑話休題】 聞きそびれたTime for Brunch~浜田山

e0066210_145780.jpg
土曜日の夕食。みこさんがつくってくれました。なんちゃってカルボナーラ温玉付き。それとキャベツとツナのコールスロー。更にカリカリベーコンとポテトのガーリック風味。なんちゃってカルボは、クリームからつくった自信作。全部ワタシの大好物!超美味かった^^

e0066210_15580.jpg
ピノちゃんとフクちゃんも羨ましそうに眺めてます。たまにゃはいつも通りビー玉遊びに夢中です。


e0066210_153290.jpg
日曜は、ブランチがてら浜田山を散策。すると駅裏に、素敵なパン屋さんを発見しました。「何年も住んでるのに、こんなお店があるなんて知らなかった!」と相方。家は逆側だもんね。
お店の名は『ムッシュソレイユ』。とても美味しそうな香りが漂ってきます。

→ Monsieur Soleil 浜田山店 紹介ページ

入り口のメニューを覗くと・・・

e0066210_151416.jpg

J-WAVE『Time for Brunch』のHPをプリントアウトしたものが貼り付けてあります。それにより、11月27日は浜田山散歩だったことが判明。
飯坂ライブで頭が一杯で、全くチェックしてませんでした。チェックしてればタイマー録音してたものを!

J-WAVE 『Time for Brunch』 ホームページ

尚、Time for Brunchは、はなさんが東京の色々な街を散歩し、レポートする番組。毎回「東京っていいところだね」と思わせてくれる、ほんわかのんびり散歩を見つけてきてくれます。

はなさん公式ウェブサイト


e0066210_154360.jpg
e0066210_155381.jpg
e0066210_16282.jpg
e0066210_161467.jpg
年末セール、クリスマスの飾り付け、そして赤く染まったもみじ。この時期街は、鮮やかに色づき輝き、活気を増して行きまます。

e0066210_164440.jpg
相方は、もみじの落ち葉をちゃっかり拝借。これで押し葉をつくります。

e0066210_165969.jpg
ソレイユで買ったパン4種。一番向こうのクィニーアマン以外、名前は忘れてしまいました^^;手前の丸いのには、栗が入っています。ケースに入ったフォッカチャ生地のドッグサンドには、鴨肉とポテトが挟んであり、スパイスが程よく利いています。みんな美味しかった!


e0066210_171064.jpg

[PR]
by kaze_soyogu | 2005-12-06 01:21 | 東京散歩 | Comments(3)

夢の続き-郡山、福島飯坂出会いと縁の旅 その4の番外・・スパバーグ

e0066210_16482944.jpg

食べかけですが、相方が途中で気付いて慌てて撮った、スパバーグセット。大体2/5程度食べ終わったところ。始めはこの太麺ナポリタンがドーム状に盛られ、そこにハンバーグが隠れてました。
[PR]
by kaze_soyogu | 2005-12-03 16:52 | 東北の空の下 | Comments(6)

夢の続き-11月26-27 郡山、飯坂の旅 その4・・・パーラーひまわり

ホテルにチェックインし、荷物を置いて一休み。そしてまた外へ。
昔住んでいたアパート、よく足を運んだ定食屋さんを相方に紹介するため、駅前のバスターミナルまで戻ります。

昔住んでいた場所は、善宝池という溜め池のほとりにあります。ススキが元気よく生い茂り、4号線を車が行き交う音も林の木々によって掻き消される、とても静かなところなのです。
しかし近くに大きな道が無く、また自転車では登り切れず、原付でも相当きつい坂道を越えなければどこにも行けず、交通の便は非常に悪い「陸の孤島」と化している場所でもあります。
車だとすれ違いが出来ない細い坂道ばかりなので、ここに住めば坂道発進は完璧にマスターできるんじゃないかな。


e0066210_1235470.jpg
ワタシの学生時代の馴染みの店、「パーラーひまわり」。歩いて当時住んでいたアパートから歩いて1分もかからないところにあります。
メニューは全てボリューム満点、定食は女の子だと食べ切れないほどのボリューム。味は、食材を近所のヨークベニマル(ヨーカドー系のスーパー)で仕入れている、と言うより普通に買っているため、ちょっと豪華な「家庭の味」。腹を空かせた一人暮らしの貧乏学生には、ちょっとしたご馳走なのです。

いつもニコニコ、優しい目で静かに喋るのマスターのおじちゃんは、ワタシを覚えていてくれました。


e0066210_1241020.jpg
e0066210_1242089.jpg
小さなお店ではありますが、ゆったりとしていて寛げます。奥には棚にマンガ本がずらりと並べてあり、料理が出てくるまでの長い待ち時間を潰してくれるのです。


e0066210_1243638.jpg
e0066210_1245479.jpg
e0066210_1255283.jpg
e0066210_126231.jpg
スパバーグはナポリタン、昔ながらの定食屋のナポリタンの風味です。
そしてこの「1人前分」とは・・・後述の通り嬉しくも恐ろしい様相を呈するのです^^;


e0066210_126148.jpg
メニューはおじちゃん・おばちゃんの手作り。可愛らしくて美味しそうなイラストが、至る所に散りばめられています。

当時より、メニューの数が増えています。何しろ当時は、各種ハンバーグ定食ならば、ハンバーグは350g(合い挽き肉特売サイズ約1パック分!)盛り付けにフライドポテト、太麺のスパゲッティ(ミートソース、そしてライスは小ぶりのどんぶり一杯、味噌汁、サラダ(器にキャベツが詰まっています)という按配。ワタシや友人が、朝から何も食べずに夕方入りやっとこ食べきれる分量、そしてその後はしばらく動けず、翌日の昼前まで持ってしまう分量なのです。
しかもハンバーグはふっくらとして肉汁たっぷり、太麺パスタはたっぷりで食べ応満点、ごはんもふっくらふくふく福島のお米、味噌汁は会津天宝の白虎味噌使用とくれば、箸が進まない訳がない!

ピラフ一つ取っても、まるで中華の大皿料理。皿の上に小山なんて可愛いもの、ドームが出来ています。パスタにしても同様です。しかしこの量では、余程覚悟を決めなければ食べ切れません。なので、量を減らしたメニューを増やし、お客さん(多くは学生)のニーズに応えたとのことなのでした。
とは言え、それでもハンバーグは250g・・・^^;


e0066210_1262812.jpg
e0066210_1263925.jpg
ワタシが頼んだのは、大好きだったチーズハンバーグ。もちろん昔どおりの350g!久々に挑戦です。
写真を撮り忘れましたが、相方の頼んだものはスパバーグセット(250g)。セットの手作りプリンに惹かれ、ワタシが「大丈夫?食べきれる?」の声も遠くの雷鳴、元気良く頼みましたが、現われたそれにビックリ仰天。

ワタシは比較的少食で、逆に相方はよく食べます。なので侮っていたのでしょう。相方共々一所懸命に美味しい料理を片付けます。

ひまわりの料理は、おじちゃん、おばちゃんの心がこもっているのがよく分かる美味しさなのです。きつくなったら残せば良い。確かにそうかもしれませんが、残すのが勿体無く、苦しくなっても食べてしまうのです。

食べ終わり、動けずぽけーっとしていると、トドメのプリンとコーヒーが運ばれてきます。プリンは食べた記憶が無かったのですが、口に含んだ途端引き台の奥に眠っていた記憶が蘇ってきたのです。
この味、知ってる!そうだ、ここのプリン、後輩の女の子と食べた事あるよ!そうだよ、その子いわきの子でねぇ・・・
こうして相方に、その時のことをニコニコと語ってしまったワタシなのでした。

久々のご馳走を全て食べ終わり、時間胃の落ち着き始めた頃合を見計らい、会計を済ませます。
伝票を見ると、コーヒー代とワタシのプリン代が含まれていません。そう。マスターは学生時代と同じように、何も言わずにサービスしてくれたのです。

おじちゃんに再会を約束しながらお店を後にします。


「今まで紹介してくれたお店の中で、ここ一番好き。このお店、また来たいな」

帰り道、相方が嬉しそうにはしゃぎます。次回は駅弁も我慢して、量を減らしたセットをお願いしよう。そんな事を考えながら、駅前行きのバス停へと向かうのです。


e0066210_1265860.jpg

[PR]
by kaze_soyogu | 2005-12-03 12:34 | 東北の空の下 | Comments(2)

夢の続き-11月26-27 郡山、飯坂の旅 その3・・・郡山駅前


1年前の郡山の様子。
今回は、至る所が改装中&工事中だった。
写真もほとんど写真を撮っていなかった為、昨年の郡山駅前の様子を。

e0066210_1114995.jpg
e0066210_11142771.jpg
e0066210_11143948.jpg

一番下、時計の塔の右端に座っているのは、ワタシの学生時代の友人の女の子。足が長く背も高い、山形出身の女の子です。


e0066210_11145472.jpg
郡山のシンボル、「モルティ」。最上階がプラネタリウムになっています。
[PR]
by kaze_soyogu | 2005-12-03 11:58 | 東北の空の下 | Comments(4)


自転車をカッコよくカスタマイズ。そしてときどきポタリング。ある日突然シクロツーリストになったりも。


by FucaNeus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

koさん こんにち..
by kaze_soyogu at 17:38
はじめまして。去年の秋、..
by ko at 04:36
TO 齋藤電鉄ryuさん..
by kaze_soyogu at 01:12
はじめまして。  鈴鹿の..
by 齋藤電鉄ryu at 01:17
TO Ajjieさん..
by kaze_soyogu at 18:49
TO ちょうさん ..
by kaze_soyogu at 14:11
こんばんは 時々見させ..
by Ajjie at 22:22
ワタシのつたないブログに..
by ちょう at 21:10
TO montuさん ..
by kaze_soyogu at 01:38
ポタリング 阿武隈 で..
by montu at 10:02
a-rouさん こ..
by kaze_soyogu at 00:20
ブログ では始めましてか..
by a-rou at 13:45
おはよう! 先日は久し..
by そま at 04:25
dezimadezima..
by kaze_soyogu at 00:14
こんにちは! 僕もバイ..
by dezimadezima at 15:13
ビンディングになれば、あ..
by kaze_soyogu at 00:04
TO とおりすがりさん ..
by kaze_soyogu at 00:02
どうも、通りすがりの猫友..
by 猫友 at 00:27
多摩湖自転車道というか、..
by とおりすがり at 00:42
あれ? 写真のおトイレ..
by miko at 21:49

お気に入りブログ

外部リンク

以前の記事

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧