風そよぐ、晴れた海

<   2014年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

自転車を綺麗に保つ ポリッシュ&ワックスのお話

自転車をピカピカに保つ。

自転車がピカピカだと、気持ちいいですよね。
ピカピカにするには腐食の原因である汚れを落とし、更にコーティングするので、ピカピカの状態は自転車にも良い状態、長持ちする状態と言えます。
そんなわけで、今回はポリッシュ&ワックスのお話です。

これまでは、FINISH LINE(フィニッシュライン)のSHOWROOMというポリッシュ&ワックスを使用していました。
白い泡状で、軽い汚れなら綺麗に落ち、適度なコーティングと艶を出してくれるものです。


しかし値段は若干高め。なので今回は、若干価格が安いEvers Plus+(エバーズ)のポリッシュ&ワックスを使用してみました


e0066210_17544625.jpg

これが、凄い!
超、いい!!w


フィニッシュラインとは比べ物にならないですよこれ。
ツヤツヤテカテカ、傷を除けば新車並まで持って行ってくれます。
特に塗装の弱いオーダー車には、非常に効果が高いです。
嫁のSWワタナベは塗装が弱く、フィニッシュラインで磨いても艶がイマイチだったのですが、見違えるようにテカテカに。

更に、昨日少々雨の中を走り、帰ってから分かったのですが、撥水性フィニッシュラインより圧倒的に優れています。
濡れ具合に対して水滴跡が異様に少ない。特に、これを塗ったSKSの泥除け。
ホントに濡れたの?と思う程度に、帰ってから何もする必要がありませんでした

但し、ボトルから漏れた麦茶の跡は、普段より少ないながらもそれと分かる程度に残っていました。
これは、飲み口のゴムがヘタっており、ドリンクが少しづつ流れ続けていた為と思われます。

フィニッシュラインと違い、汚れはほぼ全くと言って良いほど落としてはくれません。
汚れまで一緒にコートしてしまう!(笑)
なので、オレンジ洗剤を少々染み込ませたウェスであらかじめ汚れを落としておく必要はあります。
あと、当然ですがフィニッシュラインや他のポリッシュと同様、本所の泥除け等のアルミのポリッシュ面には向きません。
(アルマイト処理されていないアルミのポリッシュ面は、ピカール等の目の細かい研磨剤で磨くのが基本です)
そして、フィニッシュラインよりも少々臭いがきつめです。
室内での使用は、同居人がいる場合気を付けた方が良いでしょう。



その点を鑑みても、艶、撥水性共に不満は無く、値段の割には優れものだと思います。




ポタリングタグ
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2014-09-28 21:00 | その他自転車整備、装備 | Comments(0)

日常・通勤自転車に泥除け装備 ‐ BD-1のフェンダー取付 その2

次回に引き続き、BD-1のマットガードの取付を紹介しましょう。

 → 日常・通勤自転車に泥除け装備 ‐ BD-1のフェンダー取付 その1

まず、同梱のパーツを使用し取り付けてみると。


e0066210_2232241.jpg

・・・なんですかこれはw


e0066210_22521385.jpg

e0066210_22522369.jpg

前輪とも後輪とも、タイヤとのクリアランス広過ぎ、向こう側が見える、なんてレベルではありません。
一定のクリアランスならばまだしも、前輪側は前端に向かうほど、後輪側は後端に行くほどクリアランスが広がり、恐ろしくカッコ悪い。


e0066210_22325487.jpg

前輪側のステーはクイックレバーで押さえるようになっていますが、フレーム側に段差があり、クイックやナットがが斜めになり、無理な力がかかった状態になっています。

あまりにカッコ悪くしかも無理があり、これでは話になりません。
明らかに、ステーに問題があります。

そこでステーを差し替え、取付方法も変更することにします。

ステーは、ツーリング自転車用の本所工研製のマットガードステーを、曲げ加工して使用することにします。
タイプはH45用(45mm幅泥除け用)、太さは5mm径を使用しました。


e0066210_22332032.jpg

ツーリング自転車用泥除けのステーなので元の形はただのU型です。そこで折りたたみに支障がないよう、同梱ステーを参考に↑の画像のように曲げます。
但し、取り付け方法や位置も若干の変更があるため、その辺りも計算しながら現物合わせで曲げてゆき、余った部分は切断します。
この時ゆっくり丁寧に、指先で扱くように曲げてゆきます。
アルミの無垢材ですので、丁寧に作業しないと簡単に折れてしまいますし、一度曲げたものを修正しようと逆向きに曲げなおしても、同じように折れてしまいます。

曲げる箇所は一発で決める。そしてゆっくりと丁寧に作業する。これが基本です。


e0066210_2233344.jpg

フレーム側の取付は、同じく本所の泥除け用小物『5Rクリップ』を使用します。

そして、出来上がったのがこちら


e0066210_2234257.jpg

e0066210_16164781.jpg

e0066210_16165780.jpg

泥除けのRもクリアランスもかなり改善し、タイヤのラインに沿って取付ができました。
本来であれば、部分部分泥除けの幅すぼめることにより(泥除け側面を内側に曲げ込むとRが小さくなる。Rを大きくしたい場合は、逆に広げる)、完全にタイヤのラインに沿うように調整します。
しかし、この泥除けはタイヤ幅(コンチネンタル CONTACT 18x1.5)に対し、ギリギリの幅しか持ち合わせておりませんので、幅を狭める調整をしてしまうとタイヤがはみ出してしまいます。
なので、そこまでの調整は不可能です。
BD-1 Speedでしたらタイヤサイズが18x1.25ですので、もう少し調整が可能でしょう。
(ちなみに嫁のBD-1はスタンダードモデルですが、コンフォートの角度の別売りアジャスタブルステムに交換しています。)


e0066210_16381385.jpg

e0066210_16424316.jpg

before-Afterで並べてみました。
左が同梱ステー使用、右が自作ステー仕様の画像です。
特に後輪側の効果は一目瞭然ですね。
泥除け裏に低頭六角穴ネジを使用しているため、これ以上クリアランスを狭めると、衝撃の際タイヤがネジに擦る懸念が発生します。
この辺りで留めておくのが適当かと思われます。

今回はかなり妥協もありましたが、いずれにせよ泥除けを綺麗に付け、「取って付けた」感ではなく「元々それが標準装備の自転車だった」というところまで仕上げると、まとまりが生まれ自転車のイメージも好転します。


e0066210_2235183.jpg

前輪側の本体取付部分は、元々フレームに開いていた穴を利用しています。
ここは段差があるので、ワッシャーをスペーサーとして使用、調整しています。


e0066210_22353765.jpg

後輪側の本体取付部は、元の取付部と同じ。

これらの泥除け用ステーや取付小物は、都内であれば吉祥寺のベロクラフト、世田谷の長谷川自転車商会、浜松町のシミズサイクル、両国のスポーツサイクル いちかわなど、ツーリング車に強いお店に置いてあります。

スポーツ自転車の泥除けは、例えセットであってもピタパチで綺麗に取付できるものはほとんどありません。
しかし、こういった工夫やひと手間を掛けることで、見違えるほどまとまりが生まれます。

泥除けは全体の印象を大きく左右するパーツ。
是非綺麗に取り付けたいものです。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2014-09-27 22:36 | その他自転車整備、装備 | Comments(0)

日常・通勤自転車に泥除け装備 ‐ BD-1のフェンダー取付 その1

BD-1と言えば、スポーティーな走りが魅力、街乗りからちょっとしたツーリングまでこなす懐の広いフォールディングバイク(折りたたみ自転車)ですが、我が家では、BD-1は嫁の街乗り自転車として利用されています。

街乗り仕様にする際、最も重要なパーツがあります。

それは、泥除け。

e0066210_17424611.jpg

重要な点は、街乗りでは、普段着で乗る場合がほとんどだということ。
完全な雨の日ならば乗らないか、レインウェアを着ているのであまり関係はありませんが、晴れた日であっても水たまりや打ち水でのウェット路面は存在します。
そんな路面に出会った時、普段着ですとどうなるか。

確実に汚れます。

普段着は大抵、レーサージャージやその他スポーツウェアに比べ、汚れが落ちにくい。
濡れた路面に入り、はねた水・泥が服に付いてしまうと、なかなか汚れが落ちません。
泥除けはその泥はねを防いでくれます。

衣類だけでなく、泥除けは自転車にも優しい。

泥除けがあると、派手に水・泥を巻き上げることが無く、自転車の汚れも圧倒的に少なくなる。
普段使いや通勤用の自転車は、ほぼ毎日乗るもので、毎日必要な自転車です。
丁寧に洗車する時間をなかなか取れません。
そういう自転車はまず、なるべく汚れないことが必要になります。

乗り手のスタイル、自転車の両面から、このような用途の自転車には泥除けが必須と言えます。

BD-1には、オプションで泥除け(商品名はフェンダー)が用意されています。


製作は高品位アルミ製泥除けの世界的ブランド、本所工研製です。
幅は43.6mm、2012までのBD-1標準タイヤの『コンチネンタル CONTACT 18x1.5(実測38.4mm幅)』がギリギリ収まるサイズです(現在はIRC製の18x1.5タイヤが標準ですが、こちらは表記サイズよりも若干幅が狭く、もちろん泥除け内に問題なく収まる)。

私はネオクラシック風味が大好きですので、ピカールで磨けば光る本所工研製は最高ですが、スポーティーに仕上げたい場合、シルバーのアルミフェンダーは少々似合わないかもしれません。

そんな場合は、同じタイプでブラックモデルも存在しますし、またショップオリジナルのマットガードも存在します。






BD-1/テレスコピックフェンダー

BD-1/テレスコピックフェンダー
価格:5,054円(税込、送料別)



さて、それでは次回は実際にこの泥除けを取り付けてみることにしましょう。

 → 日常・通勤自転車に泥除け装備 ‐ BD-1のフェンダー取付 その2


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2014-09-27 21:00 | その他自転車整備、装備 | Comments(0)

BD-1の泥除け

e0066210_1653262.jpg

近頃雨が多いため、サマになるBD-1の泥除け取付記事をUPしようと思うのだけれど。

before-after撮影のための組直しが面倒で尻込みしてます^^;

いずれにせよ、近日中にUPします。

※10/2追記
  UPしました。↓をご覧ください。

  日常・通勤自転車に泥除け装備 ‐ BD-1のフェンダー取付 その1

  日常・通勤自転車に泥除け装備 ‐ BD-1のフェンダー取付 その2
[PR]
by kaze_soyogu | 2014-09-12 22:00 | その他自転車整備、装備 | Comments(0)


自転車をカッコよくカスタマイズ。そしてときどきポタリング。ある日突然シクロツーリストになったりも。


by FucaNeus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

koさん こんにち..
by kaze_soyogu at 17:38
はじめまして。去年の秋、..
by ko at 04:36
TO 齋藤電鉄ryuさん..
by kaze_soyogu at 01:12
はじめまして。  鈴鹿の..
by 齋藤電鉄ryu at 01:17
TO Ajjieさん..
by kaze_soyogu at 18:49
TO ちょうさん ..
by kaze_soyogu at 14:11
こんばんは 時々見させ..
by Ajjie at 22:22
ワタシのつたないブログに..
by ちょう at 21:10
TO montuさん ..
by kaze_soyogu at 01:38
ポタリング 阿武隈 で..
by montu at 10:02
a-rouさん こ..
by kaze_soyogu at 00:20
ブログ では始めましてか..
by a-rou at 13:45
おはよう! 先日は久し..
by そま at 04:25
dezimadezima..
by kaze_soyogu at 00:14
こんにちは! 僕もバイ..
by dezimadezima at 15:13
ビンディングになれば、あ..
by kaze_soyogu at 00:04
TO とおりすがりさん ..
by kaze_soyogu at 00:02
どうも、通りすがりの猫友..
by 猫友 at 00:27
多摩湖自転車道というか、..
by とおりすがり at 00:42
あれ? 写真のおトイレ..
by miko at 21:49

お気に入りブログ

外部リンク

以前の記事

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧