風そよぐ、晴れた海

タグ:吉祥寺 ( 8 ) タグの人気記事

夜の井の頭公園に広がる歌。-楼音光(ろうねこう)-


e0066210_0445319.jpg


GW中、3日間で約262kmを走りました。
彼女の初めての100km超ライド、御岳山ケーブルカー滝本駅までの上り、雨中の50kmライド。

積もる話しは山あれど、その話はまた後にして、今回はちょっと独り言を。


GW連休前日の5月1日、井の頭公園側の焼き鳥屋「いせや」で夕食をとり、心地良かったので彼女と二人で公園内を散策していたところ。

向こう岸から、木々のざわめき、水のせせらぎの中を、木の葉合間や水面に広がるような、ガットギターの音が聞こえてきます。
なんだろう、と思って、ほぼ反射的に向こう岸に渡ってみると。

ガットギターを持った男性。アコギと鍵盤ハーモニカを持っている男性。そして、ニコニコ笑顔の女の子。音の主は、彼らでした。

あんまり心地良かったので、思わず「ちょっと聴いてていいですか」と。
「どうぞ~」と彼ら。
様子から見て練習中だったので、決して邪魔するつもりは無かったのですが、お言葉に甘えてどかっと座り込む僕ら。

すると、直近のライブに向け練習中だったにもかかわらず、
レパートリーを目いっぱい聞かせてくれたんです^^

ギャラリーも増えてゆきます。
サックス奏者のランナーさん、通りすがりの方。
皆、そっと耳を傾けています。

e0066210_0463285.jpg


彼らの音楽は、夕暮れ時や、夜の井の頭公園によく似合います。
SOLをはじめて聴いた時のような、突き抜けるような衝撃は無いけれど、すっと染み入ってくる感じです。
感覚的には、ROCOSをはじめて聴いた時に近く、ほっとする感じ。
そばに置いて、安息が欲しい時に聴きたくなる。
そんな感じです。

彼らの名は、楼音光(ろうねこう)。

   ⇒  http://mioooo.com/


その後13日、夜練のため多摩川サイクルロードを走り、何とはなしに聴きたくなって、ふらりと公園に寄ってみたところ、また彼らはそこにいました。

走行中、かれらの「ふわり」と言う曲が、ずっと頭の中をリフレインしていました。

僕は走っているとき、よくゆったりした流れの曲を頭の中で流しています。
アップテンポな曲はペダリングが乱れ、ペースが安定しなくなってしまいますが、ゆったりした曲は気持ちが落ち着き、安定したペースで走れるのです。

リクエストで、その「ふわり」を演奏していただいたりして。
生演奏の方がずっといい(笑)

なんだか、差し入れも何も無く、聴かせてもらうだけ聴かせてもらって、申し訳ない気分です。。。
今度出会えたらお礼代わりに、まだ夜は冷えるこの季節、暖かいものでも差し上げなくてはなりませんね。
なんせ、女性のかたはずっと寒そうにしていましたから。

ここのところ自転車ばかり、SOLの活動停止もありしばらく音楽から遠ざかっていました。
だんだん音楽の感覚が薄れていくようにも感じていました。

しかしどうやら、杞憂だったようです。
ストリングスの響きには相変わらず敏感に反応するし、良いと思ったら聴かずにはいられない。
包み込むような広がり、ゆったりとした水の流れのような音楽。
こういったものを、どこかで常に求めているからこそ、足を止めるんだろうな、と。

やはり僕には、音楽が必要なんだなと、つくづく感じた出来事でした。

次回のライブにはいけないけれど、また会えたら嬉しいなぁ。



e0066210_0465781.jpg

[PR]
by kaze_soyogu | 2009-05-15 00:47 | 東京散歩 | Comments(4)

善福寺川桜めぐり。~最低アベレージ更新の巻~


今年もまた、この季節がやってきました。

e0066210_22445889.jpg
2009年4月5日 三鷹市北野周辺
RICOH Caplio R5


花咲き乱れる日本の春。最高です。
この時期だけは、ケイデンスだのアベレージだの、細かいことはすっぱり忘れて、光溢れる桜のトンネルをただのんびりと流したくなります。


e0066210_2248728.jpg
2009年4月5日 善福寺川緑地
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


e0066210_22483438.jpg
2009年4月5日 善福寺川緑地
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


e0066210_22485610.jpg
2009年4月5日 善福寺川緑地
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


桜の甘い香り漂う中、さっそくブランチです。
大好きな西荻のパン屋さん『アンセン』のイギリスパン。
房総のイチゴ園で買ってきた純粋イチゴジャム。
それに僕の大好きなまろやかたまごディップ。

e0066210_22544614.jpg
2009年4月5日 善福寺川緑地
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


すずめが落とした桜の花をのせてみると、甘い香りが漂います。

e0066210_2381160.jpg
2009年4月5日 善福寺川緑地
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


水辺のさくらを眺めていると、あることに気付きます。

みな、水に向かって枝を伸ばしているんですね。

善福寺川緑地では、枝が水に浸かり、池の中で咲いている花もありました。
井の頭公園のさくらなど、木そのものが水に向かって真横に伸び、支えがなければ倒れそうになっている木もあるくらいです。
何故だかは知りませんが、水を求めて枝を伸ばす木なのかなぁと。

e0066210_2321159.jpg
2009年4月5日 善福寺川緑地
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 40-150mmF4.0-5.6 lens


e0066210_2321501.jpg
2009年4月5日 善福寺川緑地
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 40-150mmF4.0-5.6 lens


キャンパスを広げ、景色を描くおじさん。
レジャーシートに舞う花びらを、拾い集める姉妹。
ゆったりと流れる、休日のひとときです。

e0066210_22543448.jpg
2009年4月5日 善福寺川緑地
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


e0066210_2255122.jpg
2009年4月5日 善福寺川緑地
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


1時間くらいのんびりしたでしょうか。
おなかも膨れて目がトロン。
春眠暁をなんとやらとはよく言ったもので、ほんとにこの季節はすぐ眠くなります。

これ以上ここにいると、1日終わってしまいそうです。
それではあまりに勿体無いので、出発することにします。

e0066210_232313.jpg
2009年4月5日 井の頭公園周辺
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


井の頭公園近くのお屋敷です。
ここで記念撮影をしている方が、沢山いらっしゃいました。
茅葺にさくら。市部とは言え、ここが都内だということをすっかり忘れてしまいます。

井の頭公園のさくらも美しいのですが、この時期そこは『ゴミの山』なのでスルー。
三鷹市の牟礼・北野方面を目指します。

e0066210_23271426.jpg
2009年4月5日 牟礼の里公園
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


牟礼の里公園で早くもストップ。
ここには誰もおらず、ふたりだけでさくらを眺めます。

その後甲州街道へ出、永福方面へ。
その途中、忘れもしないあの場所を通ります。

e0066210_2330514.jpg
2009年4月5日 身代り不動尊
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


昨年8月、タクシーとの接触事故を起こしたあの場所から、100mほどのところにある、身代り不動尊です。
事故後ここに立ち寄り、リフレクタータイプのお札を買い、フロンティアくんに貼付。
その足でヘルメットとグローブを装備しました。

そう。今考えると信じられませんが、あの時はまだ、ヘルメットもグローブも無かったんですね。
軽い接触というレベルではなく、結構派手にやりました。
自転車から体が投げ出され、ボンネットにぶち当たり、地面に背中から転げ落ちるような事故でした。
まったくよく無傷で生還できたものです。

安全への意識が180度変わった、良く言えば体で学習した出来事でした。

e0066210_23363865.jpg
2009年4月5日 身代り不動の御札
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


あれから7ヶ月。ご利益のお陰か一度も事故に遭っていません。

e0066210_23482763.jpg
2009年4月5日 玉川上水
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


e0066210_2349466.jpg
2009年4月5日 高井戸のアパート
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


e0066210_2351276.jpg
2009年4月5日 高井戸のアパート
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


春は、桜だけでなく、他の花も一斉に咲き乱れます。
道端に咲く花も、鮮やかで美しいものです。
色鮮やかな季節が終わると、、今度は緑の季節がやってきます。
日本の四季は、様々な色に満ちています。

e0066210_23521573.jpg
2009年4月5日 杉並・善福寺川
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


e0066210_23525253.jpg
2009年4月5日 杉並・善福寺川
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 14-42mmF3.5-5.6 lens


以前彼女と出会った頃、彼女は浜田山に住んでいました。
ここに来ると、よくこの辺りを、鼻歌交じりで散歩していたことを思い出します。

花見の人込みを避け、通りから少し離れた場所に陣取って、しゃぶしゃぶで腹を満たします。
そして腹が膨れるとまた目がトロン。
この先は帰るだけなので、ここで少し一眠り。
食っちゃ寝食っちゃ寝で、摂取カロリーが消費カロリーを大きく上回る1日でございました^^;

ちなみに、帰りの井の頭通りに出る直前までのアベレージは、なんと『9.8km』。
最終的には10.0km
最低アベレージ大幅更新の1日でございました^^;




にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2009-04-15 00:01 | 春の景色と花の香り | Comments(0)

正直、不愉快です。~信号無視とヘルメット~


e0066210_21551031.jpg
2009年4月12日 青梅街道・阿佐ヶ谷辺り
RICOH Caplio R5



正直、不愉快です。

タイヤがオフロード用の26(径)×1.95(幅・単位:インチ)ブロックタイヤから、
オンロード用のパナレーサー「パセラ-ブラックス」の26×1.5スリックパターンに変わり、
アベレージがピッタリ4km/hアップした事とか、

保冷機能付きのスクイーズボトルを装備した事とか、

ペットボトル用のキャップオンキャップを常備した事など


吹っ飛んでしまう程度に。


彼女とは別行動の日曜日。
彼女の妹さんが経営するシェアハウスへ遊びに行くため、吉祥寺の彼女の家から中野まで、青梅街道経由で流していたのですが。

たったの11.3kmの道のりですが、シーズンだけあって、あらゆるバイクに出会いました。
ロード、クロス、MTB、ミニベロ、シティサイクル。
途中、「フレンド商会」という老舗スポーツサイクル店なんかがあるもんだから、スポーツサイクルは特に多いです。
サイクリストが沢山、わーい、いい光景だなぁと思いきや、ともかく皆さん、ことごとく

あざやかな信号無視を連発。

ワタシが信号で止まるたび、抜いていった方々がとろとろ、ふらふらワタシの横を通り過ぎて行きます。
その日は一般道を40km程度流し、他にも駐輪場にとめて散歩などしたのですが、乗車時以外も合わせ目撃した赤信号無視は

数えただけでも12回。

数え始めたのはかなり走ってからですし、最後の方は数えるのをやめてましたので、この倍近くはあったでしょうか。
しかも、

横断歩道を横断中の多数の歩行者を立ち止まらせるツワモノまで
(男女二人連れ)。


文字が信号色になってしまう程度にショックです。

で、この赤信号無視者のうち、ヘルメット装着者は

僅かに1名。

その方はロード海苔でしたが、見切りにミスって思わず飛び出しおっとっと、という格好でしたので、無視と言うには可哀想かもしれませんが。

ヘルメット、グローブを装備した方々は、車種問わず、ロードでも、クロスでも、MTBでも、ミニベロでも皆様小さな信号ですら守っておられました。
そしてそういう方々の多くは、乗車姿勢も良く、後ろを走っていて安心できます。
そうでない方の多くは、ロードをオシャレに乗っていても、上体が左右にブレて常にフラフラし、スピードが安定しません。

それはそうと。

多分、意識の問題だと思います。
止まる人は、恐らく「見られている」という意識があるんだと思います。

残念ながら、日本は自転車大国でありながら、自転車に対して寛容ではありません。
むしろ厳しい目が向けられています。
そんな中でも、少しでもお互い気持ちよく、そして自分の好きな自転車という乗り物を認知してもらおうといういう意識があるか、ないか。
この差だと思います。

もちろん僕だって、歩行者・自動車にマナー違反と思われるようなこと、やってしまうこともあります。
疲労してくると、注意力も落ちてきますし。
ヒヤッとすることも、当然あります。

でも、赤信号で恐る恐る進み千切ってゆく、または同じく恐る恐る進み、横断中の歩行者を立ち止まらせながら進むのは、どう考えても無視を決め込んでるよね?

さすがにそれは、やりません。

もっとも彼ら、生まれてこのかた信号を見たことなくて、意味するところが分からないとか、海外育ちで日本のルールを知らないとかかもしれないけれど。


信号について、僕はこう考えています。

様々な状況判断を瞬時にしなければならない公道において、ほぼ唯一、何も考えず安全を確保してくれるポイント。

もちろん、注意は必要です。
でも、赤になったら止まば良いんです。左右の車を譲るかどうするか迷う必要はありません。
スタート時は非常に低速なので、左右から何か来ないかじっくり確認しながら進むことができますし、いざとなればすぐ止まれます。
こんな楽な話はないでしょ。

もちろん、あんまり引っ掛かりすぎるとイライラします。そういう時は深呼吸。
ドライブでもライドでも、イライラは大敵ですからね。


それはそうと。
安全、ルールの意識は、そのままヘルメット、グローブ、前後灯火などの装備に現われてくるのでしょう。
その意識を持って、なるべく自動車や歩行者に気を配り、マナーや合図を心掛けていると、繁華街を除き、車は譲ってくれますし、歩行者の方は譲ると頭を下げてくれます。
こういう状況をもっと広げるために、もっともっと意識を高く持たなければならないと思います。


自転車マナーでもうひとつ。

先々週の善福寺川ポタリングの時、人込みの中、歩行者に対しやたらとベルを鳴らしまくる爺様がおりました。
あんまり酷くうるさいので、僕の後ろに来たとき手で止め、

「ベル鳴らさない、歩行者に!」

と、誰も言ってくれないありがたいアドバイスを差し上げたところ、
ベルの音はピタリと止みました。
文句を言わずやめたということは、ダメだってことが分かってたってことか?
年の功より亀の甲ってところでしょうか。

でも、歩行者が言っても、ベルは鳴り止まなかったと思います。
交通上同じ立場にいる人間だから楽に言えるし、また効果もあったのかと。
(関係ないが、その後、チェーンが外れて一生懸命直そうとしているママチャリのオバサマのお助けマンをし、ちょっと気分が良かった)


まぁ、この爺さんはともかくも、この日赤信号すら「見えなかった」方々に一言。

知らないなら教えて差し上げます。赤信号は「止まれ」です。
知っているのなら、これ以上自転車乗りの立場を悪くする行為はしないでください。



説教というよりも、むしろお願いです。


余談ですが、この日、ひとつ良い事がありました。
夕方青梅街道を流していると、MTBに乗り、バックパックにバドミントンのラケットを差したお兄さんが前を走っていました。
彼は、上体は揺れ、サドルも気持ち低く、あまり乗りなれている様子は無い「いかにも」な感じでしたが・・・。

夕暮れ時、街頭は点灯していましたが、辺りはまだ明るさが残っていたためか、はじめ彼は無灯火でした。
しかし、フロント点灯・テール点滅させた僕が彼を抜くと、咄嗟にライトを点灯させ、ついてきたんです。
おっ、と思い、ミラーで確認しながら、ペースを落として彼に合わせてみます。
するとやはり、適度な車間でついてきます。
僕が路上駐車の車を抜く時、走行中の車に合図を出していると、何回目かで彼も同じように合図を出し始めます。
乗降中のバスの後ろで停車すると、彼も僕の後ろで待ちます。
試しに彼にストップ、段差の合図を出すと、ちゃんと反応してくれます。
もちろん、そういった合図やジェスチャーを、はじめから知っていたのかもしれません。
ほら、よくあるじゃないですか。知ってはいても、なかなか実行できないとか、ちょっと気恥ずかしいことって。
でも、実際にやっている人を見て、「ほんとにやってる人もいるんだ」とか、「別に恥ずかしいことないんだ」と思うことって、あるじゃないですか。
もし、その幾つかある実行のきっかけのひとつになれたんだとしたら、それは幸せなことですよね。

柔らかく、大きな夕日を正面に望みながら、5kmちょっと、ずっとそうして気持ちよく走りました。
恐らく彼も、気持ちよく走れたんじゃないかな。


最後の最後で、少し救われた気分になった日曜日でした。




にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへ
にほんブログ村
[PR]
by kaze_soyogu | 2009-04-14 00:19 | ゆったりのんびりツーリング | Comments(2)

緑、旧跡、甘味、縁日。夏の東京を自転車で駆け巡る。



e0066210_1926369.jpg
2008年8月3日 都旧跡 今川氏累代墓
Canon Power Shot S3 IS


この日は、西荻の「でるぱぱ」でブランチ。
その後、早稲田通り沿いに自転車を走らせる。

ちょっと走ると、こんもりと緑が生い茂る小道を発見。大通りを逸れそこに入ると、こんな落ち着いた景色が待っていた。


e0066210_19253423.jpg
2008年8月3日 都旧跡 今川氏累代墓
Canon Power Shot S3 IS






e0066210_19283125.jpg
2008年8月3日 都旧跡 今川氏累代墓
Canon Power Shot S3 IS






e0066210_19285165.jpg
2008年8月3日 都旧跡 今川氏累代墓の通り
Canon Power Shot S3 IS


この日もうだるような暑さで、すぐに汗が目に入ってくるような陽気だったが、この小道には涼しい風が吹き抜けていた。


e0066210_19292159.jpg
2008年8月3日 杉並 妙正寺
Canon Power Shot S3 IS


夏の魅力は、なんと言っても「光」だ。
生い茂る緑と輝く光。
他の季節の光とは、比べようもない。

ワタシはこれでも、暑さに滅法弱い。
すぐのぼせ、フラフラし出す。
だからかつては、夏は大嫌いだったし、夏の間はウンザリしていた。
だが、今の彼女と出会って、夏の光の魅力を知った。

嫌いなものが好きになる。そんな出会いは、やはりかけがえのない出会いなんだろう。


その後、中野まで走り、井草神社、善福寺周辺をグルグル回ってから、吉祥寺駅前へ。
まだほっぺの腫れが引かない彼女に、食べやすい杏仁豆腐でも買っていってあげようかとサンロードをフラフラしていると、月窓寺で縁日が開かれていた。


e0066210_1930724.jpg
2008年8月3日 吉祥寺 月窓寺の縁日
Canon Power Shot S3 IS


さっそく彼女を呼び出し合流したが、盆踊りまでにはまだ時間がある。
そこで甘味でもと、以前卯三郎こけしを買った吉祥寺・中道通りのお茶屋さん『おちゃらか』へ。


e0066210_19304291.jpg
2008年8月3日 吉祥寺中道通り『おちゃらか』の冷茶セット
Canon Power Shot S3 IS






e0066210_1931388.jpg
2008年8月3日 吉祥寺中道通り『おちゃらか』の白玉カップ番茶つき
Canon Power Shot S3 IS


彼女は、夏限定の冷茶セット。
ワタシは白玉カップ番茶セット。

白玉カップに添えられたアイスは、ほうじ茶アイスで、ほうじ茶の香ばしさが引き立つ逸品だ。
彼女の冷茶セットの冷茶は、カシスのフレーバーが入っており、お茶の香りとフレーバーの清涼感がたまらない。

近頃、ふたりで甘味巡りをしている。
中野の『富士見野』、幡ヶ谷の『茶廊 椿』など。

甘味は、お茶とセットで大体600円前後と、大抵のカフェのケーキセットよりも安い。
更に、多くはお茶がおかわりできる。
そのお茶も、とりあえずのものではなく、厳選、工夫があり香り高いものが多い。
日本のものだけあって、蒸し暑い日本の夏にはピッタリのほのかな甘みで、食べ応えも抜群だ。
特に走った後には、リーズナブルに至福のひとときが味わえる。

かつては、そば屋と同じく、どの街にも1軒は「ちゃんとした甘味」を出してくれるお店があった。
近頃は、そういうお店を見つけるのも大変だ。
全く残念でならない。


e0066210_19321847.jpg
2008年8月3日 吉祥寺・中道通り 『おちゃらか』
Canon Power Shot S3 IS






e0066210_1933053.jpg
2008年8月3日 吉祥寺・中道通り 『おちゃらか』
Canon Power Shot S3 IS


食べ終えて一息ついていると。

「いただきもののスイカですが、いかがですか」と。

ワタシが白玉カップ番茶セットを注文したあと、お店の人が表のたらいから、それに使うフルーツの大きなスイカを抱え、奥に持って行くのが見えた。
これはその残りだろう。

以前こけし買ったときは、「最後のひとつだから、残りものの福で」と、値下げをしていただいた。そして今度はすいか。
こんな嬉しい振る舞いも、おちゃらかならではだ。


e0066210_19331540.jpg
2008年8月3日 吉祥寺・中道通り 『おちゃらか』
Canon Power Shot S3 IS


綺麗に平らげたあと、またふた切れ登場!

「まだありますけど、いけますか?」
「もちろん!」

たぶん、ワタシと彼女の目はランランと輝いていただろう。
なんだか、ねだるこどものようだ。


そして、夏みかん茶を買い、盆踊りへと向かった。



e0066210_19333357.jpg
2008年8月3日 吉祥寺・中道通り 『おちゃらか』
Canon Power Shot S3 IS

[PR]
by kaze_soyogu | 2008-08-06 19:37 | ゆったりのんびりツーリング | Comments(0)

シャボン玉とこどもたち




e0066210_1950201.jpg
2008年6月29日 吉祥寺 シャボン玉にはしゃぐこどもたち
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 40-150mmF4.0-5.6 lens


彼女が「シャボン玉で遊びたい!」と言い出し、久々にぷかり、ぷかりとやっていたら・・・

いつの間にやらお子ちゃまの人だかりが。


ジーッと眺めていたかと思うと、突然シャボン玉を追い掛け回し、手を振り回してキャッキャと暴れまわる子。
うっとりと浮かんでいるシャボン玉を眺める子。
捕まえようとして、飛び跳ねだす子。

あんまり喜んでくれるものだから、サービス精神たっぷりにぷかぷかやっていたら、とうとう液が切れてしまった。

バイバイすると、泣き出す子までいる始末。

喜んでくれるのはうれしいが、さすがに、参った。


e0066210_19533267.jpg
2008年6月29日 吉祥寺 シャボン玉
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 40-150mmF4.0-5.6 lens






e0066210_1954235.jpg
2008年6月29日 吉祥寺 シャボン玉にはしゃぐこどもたち
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 40-150mmF4.0-5.6 lens






e0066210_1951949.jpg
2008年6月29日 吉祥寺 シャボン玉
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 40-150mmF4.0-5.6 lens






e0066210_19515460.jpg
2008年6月29日 吉祥寺 シャボン玉にはしゃぐこどもたち
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 40-150mmF4.0-5.6 lens






e0066210_19522716.jpg
2008年6月29日 吉祥寺 シャボン玉
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 40-150mmF4.0-5.6 lens






e0066210_1953381.jpg
2008年6月29日 吉祥寺 シャボン玉にはしゃぐこどもたち
OLYMPUS E-510 + ZUIKO DIGITAL ED 40-150mmF4.0-5.6 lens


[PR]
by kaze_soyogu | 2008-07-06 20:02 | 東京散歩 | Comments(0)

こんなのみつけた!




e0066210_0511170.jpg
2007年9月17日 卯三郎こけし『夢心』
Canon Power Shot S3 IS



このこけしは、群馬の創作こけし工房、「卯三郎こけし」の『夢心(大)茶』というこけし。
サイズは高さ約20cm、胴回り5.5cmと、手ごろなサイズだ。材質は水木で、白い木肌が美しい。



   ⇒ 卯三郎こけし(うさぶろうこけし) Web Site


卯三郎こけしは、伝統的なこけしのスタイルを維持しつつ、この『夢心』のような、現代日本人のみならず、外国人の心に響く、新しいスタイルの創作こけしも数多く発表し続けている工房。
海外からの注文も多いようだ。


この『夢心』を見れば分かるだろう。


この少女の袖の組み合わせ。少し上向きの顔。そして幸せそうなその瞳。
片思いの男性を想っているのだろうか。


卯三郎こけしは、全般表情が暖かく、見ているだけで微笑みが生まれる。
笑顔は幸せを生む。
幸せを運ぶこけし。
それがこの、卯三郎こけしである。




e0066210_0564935.jpg
2007年9月17日 卯三郎こけし『夢心』
Canon Power Shot S3 IS



このこけしは、吉祥寺の「おちゃらか」という、美味しく味わい深い日本茶を、純日本的な落ち着いた雰囲気のなかで味わえる、日本茶専門店で見つけた。


   ⇒ 吉祥寺の和カフェ 『おちゃらか』 Web Site


どこの国からいらしたのか、お伺いし忘れてしまったが、このご主人は日本人ではない。
にもかかわらず・・・いや、だからこそ、現代日本人が演出するよりも遥かに日本的な店内に仕上がり、日本の美、日本の粋、日本の心に溢れたお店である。


深い味わいの静岡茶と、ゆずと味噌の風味が絶妙な焼おにぎりをいただいた後、僕がこのこけしを見つけ、彼女と二人で眺めていた。

定価2,850円。

そんなに高くはないが、衝動買いするには若干迷う金額。
欲しいなぁ、どうしようかなぁ、と迷っていると


「それは群馬の『ウサブロウ』っていう工房のこけしなの。かわいいでしょ。最後のひとつだから、1,500円でいいよ」


ひげを蓄えた、ご主人のひとこと。
ご主人、よく勉強してるね。大阪商人顔負けだよ。

そんなこんなで、残り物のこの子がやってきたのである。
今思うと、定価で買っても後悔の無い、「あたりもの」だったと思う。




e0066210_057951.jpg
2007年9月17日 卯三郎こけし『夢心』
Canon Power Shot S3 IS

[PR]
by kaze_soyogu | 2007-10-01 00:57 | 東京散歩 | Comments(2)

Made in Andalucía



e0066210_1504426.jpg
西荻の路地裏にて
Canon Power Shot S3 IS



昨年の末、いつだったか、西荻あたりを散歩していると、かわいらしい人形を塀の上に並べているお宅があった。

あまり日本っぽくなく、どこの人形だろうと手にとって裏を見ると、「Made in Andalucía」とある。
アンダルシアとは、スペイン南部の地域。フラメンコと闘牛のふるさとだ。
F1のテストにも使われるヘレスサーキットも、この地域にある。

ちょっとした散歩の途中、こんな素敵な小物たちに出会い、しばし海の向こうに思いを馳せたりする時、少し幸せな気分になったりする。



e0066210_205445.jpg
西荻の路地裏にて
Canon Power Shot S3 IS




e0066210_212773.jpg
西荻の路地裏にて
Canon Power Shot S3 IS

[PR]
by kaze_soyogu | 2007-02-25 02:01 | Comments(2)

ちょっとした幸せ




e0066210_21121042.jpg
22006年12月10日 吉祥寺
OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ


彼女の住むアパートの庭には、梅の木が5本植わっている。
夏になると陽の光を遮るほどに茂み、秋にはひと風ごとに葉を落とし、冬も深くなり始めた頃になると、ちいさなつぼみが顔を見せ始める。
春先には可愛らしい花を満開に咲かせ、甘い香りが部屋の中まで満ちてくる。

梅雨の頃、実が少しづつ膨らみはじめると、彼女は毎日実のなり具合をチェックし始める。たわわに実り、ひと粒、またひとつぶと落ち始めた頃、彼女はにこにこ満面の笑みでその実をいただき、こう言いながら梅酒を漬ける。


「おいしい梅酒ができるといいね^^」


東京の片隅に広がる、ほんの小さな四季の移ろい。
そしてそこにある、ほんのちいさなしあわせ。




e0066210_21145655.jpg
22006年12月10日 吉祥寺
OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ




e0066210_21391557.jpg
22006年12月10日 吉祥寺
OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ




e0066210_2215252.jpg
22006年12月10日 武蔵野八幡宮
OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ




e0066210_2224431.jpg
22006年12月10日 武蔵野八幡宮
OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ




e0066210_2231323.jpg
22006年12月10日 武蔵野八幡宮
OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ




e0066210_2234180.jpg
22006年12月10日 武蔵野八幡宮
OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ




e0066210_2243964.jpg
22006年12月10日 吉祥寺 ゆりあぺむぺる 『ホットモカジャバ』
FUJIFILM FinePix F11




e0066210_2251831.jpg
22006年12月10日 吉祥寺 ゆりあぺむぺる
FUJIFILM FinePix F11




e0066210_2241154.jpg
22006年12月10日 丸井前
OLYMPUS CAMEDIA SP-500UZ

[PR]
by kaze_soyogu | 2006-12-10 22:08 | Comments(0)


自転車をカッコよくカスタマイズ。そしてときどきポタリング。ある日突然シクロツーリストになったりも。


by FucaNeus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

カテゴリ

最新の記事

最新のコメント

koさん こんにち..
by kaze_soyogu at 17:38
はじめまして。去年の秋、..
by ko at 04:36
TO 齋藤電鉄ryuさん..
by kaze_soyogu at 01:12
はじめまして。  鈴鹿の..
by 齋藤電鉄ryu at 01:17
TO Ajjieさん..
by kaze_soyogu at 18:49
TO ちょうさん ..
by kaze_soyogu at 14:11
こんばんは 時々見させ..
by Ajjie at 22:22
ワタシのつたないブログに..
by ちょう at 21:10
TO montuさん ..
by kaze_soyogu at 01:38
ポタリング 阿武隈 で..
by montu at 10:02
a-rouさん こ..
by kaze_soyogu at 00:20
ブログ では始めましてか..
by a-rou at 13:45
おはよう! 先日は久し..
by そま at 04:25
dezimadezima..
by kaze_soyogu at 00:14
こんにちは! 僕もバイ..
by dezimadezima at 15:13
ビンディングになれば、あ..
by kaze_soyogu at 00:04
TO とおりすがりさん ..
by kaze_soyogu at 00:02
どうも、通りすがりの猫友..
by 猫友 at 00:27
多摩湖自転車道というか、..
by とおりすがり at 00:42
あれ? 写真のおトイレ..
by miko at 21:49

お気に入りブログ

外部リンク

以前の記事

タグ

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧