風そよぐ、晴れた海

夢の続き-11月26-27 郡山、飯坂の旅 その4・・・パーラーひまわり

ホテルにチェックインし、荷物を置いて一休み。そしてまた外へ。
昔住んでいたアパート、よく足を運んだ定食屋さんを相方に紹介するため、駅前のバスターミナルまで戻ります。

昔住んでいた場所は、善宝池という溜め池のほとりにあります。ススキが元気よく生い茂り、4号線を車が行き交う音も林の木々によって掻き消される、とても静かなところなのです。
しかし近くに大きな道が無く、また自転車では登り切れず、原付でも相当きつい坂道を越えなければどこにも行けず、交通の便は非常に悪い「陸の孤島」と化している場所でもあります。
車だとすれ違いが出来ない細い坂道ばかりなので、ここに住めば坂道発進は完璧にマスターできるんじゃないかな。


e0066210_1235470.jpg
ワタシの学生時代の馴染みの店、「パーラーひまわり」。歩いて当時住んでいたアパートから歩いて1分もかからないところにあります。
メニューは全てボリューム満点、定食は女の子だと食べ切れないほどのボリューム。味は、食材を近所のヨークベニマル(ヨーカドー系のスーパー)で仕入れている、と言うより普通に買っているため、ちょっと豪華な「家庭の味」。腹を空かせた一人暮らしの貧乏学生には、ちょっとしたご馳走なのです。

いつもニコニコ、優しい目で静かに喋るのマスターのおじちゃんは、ワタシを覚えていてくれました。


e0066210_1241020.jpg
e0066210_1242089.jpg
小さなお店ではありますが、ゆったりとしていて寛げます。奥には棚にマンガ本がずらりと並べてあり、料理が出てくるまでの長い待ち時間を潰してくれるのです。


e0066210_1243638.jpg
e0066210_1245479.jpg
e0066210_1255283.jpg
e0066210_126231.jpg
スパバーグはナポリタン、昔ながらの定食屋のナポリタンの風味です。
そしてこの「1人前分」とは・・・後述の通り嬉しくも恐ろしい様相を呈するのです^^;


e0066210_126148.jpg
メニューはおじちゃん・おばちゃんの手作り。可愛らしくて美味しそうなイラストが、至る所に散りばめられています。

当時より、メニューの数が増えています。何しろ当時は、各種ハンバーグ定食ならば、ハンバーグは350g(合い挽き肉特売サイズ約1パック分!)盛り付けにフライドポテト、太麺のスパゲッティ(ミートソース、そしてライスは小ぶりのどんぶり一杯、味噌汁、サラダ(器にキャベツが詰まっています)という按配。ワタシや友人が、朝から何も食べずに夕方入りやっとこ食べきれる分量、そしてその後はしばらく動けず、翌日の昼前まで持ってしまう分量なのです。
しかもハンバーグはふっくらとして肉汁たっぷり、太麺パスタはたっぷりで食べ応満点、ごはんもふっくらふくふく福島のお米、味噌汁は会津天宝の白虎味噌使用とくれば、箸が進まない訳がない!

ピラフ一つ取っても、まるで中華の大皿料理。皿の上に小山なんて可愛いもの、ドームが出来ています。パスタにしても同様です。しかしこの量では、余程覚悟を決めなければ食べ切れません。なので、量を減らしたメニューを増やし、お客さん(多くは学生)のニーズに応えたとのことなのでした。
とは言え、それでもハンバーグは250g・・・^^;


e0066210_1262812.jpg
e0066210_1263925.jpg
ワタシが頼んだのは、大好きだったチーズハンバーグ。もちろん昔どおりの350g!久々に挑戦です。
写真を撮り忘れましたが、相方の頼んだものはスパバーグセット(250g)。セットの手作りプリンに惹かれ、ワタシが「大丈夫?食べきれる?」の声も遠くの雷鳴、元気良く頼みましたが、現われたそれにビックリ仰天。

ワタシは比較的少食で、逆に相方はよく食べます。なので侮っていたのでしょう。相方共々一所懸命に美味しい料理を片付けます。

ひまわりの料理は、おじちゃん、おばちゃんの心がこもっているのがよく分かる美味しさなのです。きつくなったら残せば良い。確かにそうかもしれませんが、残すのが勿体無く、苦しくなっても食べてしまうのです。

食べ終わり、動けずぽけーっとしていると、トドメのプリンとコーヒーが運ばれてきます。プリンは食べた記憶が無かったのですが、口に含んだ途端引き台の奥に眠っていた記憶が蘇ってきたのです。
この味、知ってる!そうだ、ここのプリン、後輩の女の子と食べた事あるよ!そうだよ、その子いわきの子でねぇ・・・
こうして相方に、その時のことをニコニコと語ってしまったワタシなのでした。

久々のご馳走を全て食べ終わり、時間胃の落ち着き始めた頃合を見計らい、会計を済ませます。
伝票を見ると、コーヒー代とワタシのプリン代が含まれていません。そう。マスターは学生時代と同じように、何も言わずにサービスしてくれたのです。

おじちゃんに再会を約束しながらお店を後にします。


「今まで紹介してくれたお店の中で、ここ一番好き。このお店、また来たいな」

帰り道、相方が嬉しそうにはしゃぎます。次回は駅弁も我慢して、量を減らしたセットをお願いしよう。そんな事を考えながら、駅前行きのバス停へと向かうのです。


e0066210_1265860.jpg

[PR]
by kaze_soyogu | 2005-12-03 12:34 | 東北の空の下


自転車をカッコよくカスタマイズ。そしてときどきポタリング。ある日突然シクロツーリストになったりも。


by FucaNeus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

検索

カテゴリ

最新の記事

フォロー中のブログ

外部リンク

以前の記事

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧