風そよぐ、晴れた海

夢の続き-11月26-27 郡山、飯坂の旅 その5・・・デジカメ壊れる


e0066210_23545360.jpg
学生時代、2年半夜勤バイトをしていた7-11。郡山へ来た時は、必ずここに寄りオーナーと奥さんに挨拶します。

ここは郡山一の繁華街で、右を見ても左を見ても水商売の店ばかり。夜勤とは言え、普通の夜勤バイトとは一味違います。まずお客さんが途切れません。店の中はいつまでも賑やかです。そして何よりも、トイレが空かない(笑)
日曜を除くと、毎日目の回るような忙しさ。しかし、ある程度お水関係の方々と仲良くなると、色んなものを奢ってもらえる、べろんべろんの女性に突然抱きつかれる、半男半女の方に手を握られ離してもらえない等の、美味しいのか美味しくないのかよく分からないオプションも付いきたりもします。

それにしても、領収書書きまくったなぁ。。。

その後店を出、SOLと一緒にストリートをされていた山辺さん(彼女は毎週、郡山から東京へ通い、ストリートを行っていました)と待ち合わせる為、駅前へ向かいます。

と、その時。

愛用のOLYMPUS CAMEDIA C-770UZが、非情にも手から滑り落ち地面に叩き付けられるという事件発生。しかも、アワアワとお手玉をしてしまった為、落下の勢いは倍増。いやな音が耳の奥にこだまします。

その時電源は入ったまま。もちろんレンズは飛び出した状態。拾い上げ電源を切ってみると、レンズが収まってくれません。もう一度電源を入れ振ってみると、ズームレンズがカタカタ左右に踊り、折れた部品が中を駆け巡る音がします。
明らかに壊れた音。電子部分全く問題ありませんでしたが、機械的にここまで立派に壊れては、まるでお話しにならない。

事態は深刻です。これではSOL飯坂ライブを撮る事も出来ません。ガックリと膝を付き、負け犬の如く遠吠えしたい衝動に駈られますが、山辺さんとの待ち合わせ時間は刻々と迫っています。そしてその後は、事態を好転させるに足る時間はありません。今何とかしなければ。落ち込んでいるヒマはありません。おもむろに踵を返し、駅の向こうのヨドバシカメラ郡山店に向かって歩きはじめるワタシ。訝しげに後を追う相方。

そして約10分後。ヨドバシを出たワタシの左腕には、こんなものが抱えられておりました・・・。
[PR]
by kaze_soyogu | 2005-12-08 00:53 | 東北の空の下


自転車をカッコよくカスタマイズ。そしてときどきポタリング。ある日突然シクロツーリストになったりも。


by FucaNeus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

カテゴリ

最新の記事

フォロー中のブログ

外部リンク

以前の記事

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧