風そよぐ、晴れた海

幻想の光景-1月8日 羽黒山五重塔-その5



五重塔の周囲には、様々な末社等がある。

e0066210_1182683.jpg
爺杉と五重塔の間にある切り株。これが台風で失われたと言う、婆杉の名残だろうか?恐ろしく巨大な切り株だった。


e0066210_1191072.jpg
五重塔から離れ、少し登った所にある末社。普通、貫(と言って良いのか?)の先端は竜が彫ってあるものだが、これはどこから見ても鼻が長く、角の生えた象のようなものが彫ってあった。


e0066210_1193526.jpg
その少し下にある「子守神社」。雪の為これ以上近付けず、ここから賽銭を投げたが柱に弾かれてしまった。

参道はこの先山頂までずっと続いているが、これ以上は今回の目的外なのと、時間もかなり厳しくなってきたので、引き返すことにした。


e0066210_1110462.jpg
引き返していくと、行きには無かった滝のほとりの末社までの道が出来ていた。ありがたく通していただき、行きに渡った橋を眺めた。


e0066210_11103643.jpg
e0066210_1111363.jpg
e0066210_11112047.jpg
e0066210_11114360.jpg
こうして画像を見ながら思い出してみても、本当に不思議な世界だった。ほとんど訪れる人もいないモノトーンの世界の中、じっとこの山を眺め続けている。なんと言うか、何かに守られているような気配すら感じる山だった。
観光客の多い春~秋にかけては味わえなかった空気かもしれない。

ワタシの家も、江戸の末から山に関って来た家なので、自分自身山に対する畏敬の念が無いわけではない。だがここで感じた様々なものは、それを遥かに超越するものだった。

畏れ敬う。そんな気持ちを、もう一段高めることが出来そうな、そんな経験だった。


e0066210_11121156.jpg
e0066210_1112253.jpg

[PR]
by kaze_soyogu | 2006-01-19 01:47 | 雪景色と羽黒山五重塔


自転車をカッコよくカスタマイズ。そしてときどきポタリング。ある日突然シクロツーリストになったりも。


by FucaNeus

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

カテゴリ

最新の記事

フォロー中のブログ

外部リンク

以前の記事

タグ

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧